菅原道真公ゆかりの〈錦天満宮〉で合格祈願~御朱印集め開運紀行⑳~

御朱印集めも20回目を迎えました。
今回は京都・新京極に鰻を食べに行った帰り(1月26日)に偶然、通りかかった神社です。


菅原道真ゆかりの「錦天満宮」

 学問の神様で有名な菅原道真さんの生家「菅原院」に創建されたのが10世紀初頭で、豊臣秀吉の時代に現在の場所に移されて「錦天満宮」として今に至るそうです。

「繁華街唯一の神社(鎮守)」と書かれていますが、新京極の商店街の中にあり、〈錦の天神さん〉として親しまれているようです。
天満宮なので御神徳は勿論、学問でしょう。私も、来月には「個人情報保護士」の認定試験を控えておりますので、ここはご利益を期待してお詣りします。

さすが関西らしく、入口も賑々しい雰囲気。土曜の昼ということもあり、外国人観光客も混ざって、随分な人通りです。

提灯もぷっくりして立派。

待ち構えていたのは、牛の像。
天神を祀る神社には、農耕のシンボルや天神の神使である牛の像が置かれているそう。
この牛も「撫で牛」として人々に愛されているようで、皆に触られて顔がピカピカです。
こちらが手水舎。

神社じたいが狭いため、省スペースな感じ。
そして、本殿。

中には、平安時代の学者であり、優れた漢詩人でもあった贈太政大臣・菅原道真公を皇城鎮護の神として祀られています。

右手の社務所では、遠州流による献花が飾られています。

境内には、末社として塩竃神社と

日乃出稲荷神社が祀られています。

御朱印は本殿右手の社務所でいただきます。

この日は出張の帰りだったので御朱印帳を持ってきていなかったのですが、都合よくここは書置きを配布。
初穂料は300円。
この神社では「からくりおみくじ」と「紙芝居ロボット」という仕掛けがあるそうなのですが、今日はその演出を発見できませんでした。*名古屋の万松寺といい、商店街に身を置く神社は、デジタル化の流れの中にあるのでしょうか?
お守りでは「大願梅」というのが有名なようです。

願い事を書いた紙を梅の実の中に入れて、大願梅の樹に結び付けるそうです。
この日は鰻で散財してしまったので、遠慮しておきました。

本当は上賀茂神社や八坂神社、それとも10年振りに銀閣寺にでも寄りたかったのですが、雪が降りそうなので諦めて帰京することにしました。
次はいつ京都に来られるやら。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。