ここは名古屋の丸の内〈那古野神社&名古屋東照宮〉~御朱印集め開運紀行⑪~

名古屋市中区丸の内にある神社

そう、東京だけじゃなく、名古屋にも「丸の内」ってあるんです。意外でしょ?
基本的に「丸の内」とは、江戸時代にあった城のお堀より内側のことをそう呼ぶそうです。外堀から内側=城(丸)の内ってわけ。
日本のどこにでも、お城がある所には「丸の内」があるのです。

ということで、最初に訪ねたのは〈那古野神社〉。
「那古野」と書いて〈なごや〉と読みます。
住所で、那古野と書いてあれば、これは〈なごの〉。ややこしい。名古屋も昔は、「那古野」と書いたそうです。
地下鉄の鶴舞線の丸の内駅から5分くらいの場所。
この日は市役所駅から向かったので15分近くかかりました。


大津通と外堀通が交差する地点から、名古屋駅方面に歩きます。

400mくらい行くと、角に看板があるので、すぐ見つけられます。

ご祭神は、日本神話の神様である須佐之男神(すさのおのかみ)と奇稲田姫神(くしなだひめのかみ)。
創建は平安時代前期の911年。醍醐天皇の時代です。
戦国時代の合戦の際に社殿が焼失してしまったのですが、織田信長の父である織田信秀が再建。


手水舎がなかなか勇ましい。龍の後ろにある看板には「龍神水復元」と書かれています。

参道はこちら。春の頃は、桜がきれいだそうです。

そして拝殿。


拝殿の右隣りに、御朱印をくれる授与所があります。

御朱印は300円でいただけました。あまり達筆ではありません。

お守りは心を揺さぶる物がなかったので、遠慮しました。
拝殿の左側には、赤い鳥居が目立ってます。

「福寿稲荷社」という名のお稲荷さんのようです。

この鳥居がなかったら、ただの質素でこじんまりとした神社で終わってしまいそう。

「那古野神社」は、このまま「名古屋東照宮」と繋がっているのです。

柵を超えると〈名古屋東照宮〉

本当の入口はこちら。

ご祭神は、徳川家康公。創建は江戸時代初期の1651年、徳川家康の九男で、名古屋城初代城主の徳川義直によるもの。

東照宮の「唐門」と言われる建物。本殿はこの奥にあります。(すみません、写真を撮り忘れました)

カラフルな葵の御紋が目に付きます。そして、唐門の右、少し離れた場所に、末社の「福神社」があります。


こちらは金運に御利益があると聞いたので、しっかり御由緒を拝見。

大国主命(おおくぬしのみこと)を祀っているそうです。

狛犬も勇壮です。少し撫でさせていただきました。
御朱印は本殿左手前の社務所にて。


東照宮と福神社を見開きで並べて、書いていただけます。

合わせて600円お渡しします。
どちらか一方なら半額でいいそうですが、どうも断りにくい雰囲気。
商売がお上手だこと。
ということで、一粒で二度美味しい、那古野神社と名古屋東照宮でした。


この後は、大須観音に向かいます。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。