〈熱田神宮〉は名古屋屈指のパワースポット~御朱印集め開運紀行⑩~

熱田神宮への参拝は9月28日。

小雨そぼふる土曜の朝でした。
11時から近所の「大和田」さんで鰻を食べる予定のため、大急ぎでお参りして、御朱印をいただいてきます。
鰻の大和田の記事はこちらです。よければどうぞ。
〈にっぽん鰻旅【第5弾】〈名古屋・大和田〉~取材拒否の鰻・櫃まぶしの名店~〉

栄町のホテルに泊まっていたため、地下鉄名城線(今は環状線っていうんだっけ?)に乗り、神宮西駅で降ります。

大学生くらいまでは初詣で毎年、訪れていた記憶がありますが、最近は実家への帰省も怠っているので、30年ぶりくらい。
特に思い出や思い入れもありません。
粛々とお参りしていきましょう。
まずは西門を目指します。

鳥居をくぐり、100mほど先を左に曲がれば、本殿にたどり着きます。
さすがに神宮の名前が付く場所は、空気が凛としている気がいます。
それともそぼ降る雨のせい?

手水舎が意外と質素。

道中の案内板。
熱田神宮は創建されて1900年。
草薙神剣を祀っていると紹介されています。

本殿が見えてきます。



初詣の際は、いつも参拝客でごった返していて、本殿の中をじっくり見るのは初めて。
なんとなく1900年の重みを感じます。

では御朱印をいただきに。
授与所はこちら。

お守りが売っている売店の左側で、人が並んでいます。

熱田神宮では〈御神印〉と呼びます。

まだ朝早かったので、並んでいたのは2組だけ。
その場で書いてくれます。
初穂料も決まっておらず、お支払いは心づけで、とのこと。
300円をお渡ししました。
御神印も含め、商売っ気がないというか、質素なものです。

隣りで売っていたお守り。

どれも1000円のようです。
〈福守〉というのをいただきます。

織田信長が桶狭間の戦いで、今川義元に勝利する前に、熱田神宮で祈願したことが書かれています。

振り返ったら、結婚式を挙げているご家族が、神殿のほうへ向かわれていました。

神前の挙式は、厳かでいいものです。

まだ時間があったので、本殿の反対側にある上知我麻神社のほうへもお参りにいくことに。
歩いて300mくらいでしょうか。

これが上知我麻神社。

その右手にあるのが、別宮八剣宮。
左側に授与所があり、御神印がいただけます。

なんとも質素。
2つとも同じ方が書いています。

御神印を3つゲットしたので、これから鰻のお時間です。

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*