日本屈指のパワースポット〈明治神宮〉に35年ぶりの訪問~御朱印集め開運紀行⑯~

いよいよ明治神宮に参拝

訪れたのは実に35年振り。19歳の大晦日が最後のそれ。ディズニーランドが34年の空白なので、それよりも久し振りということです。
外国人観光客も多いし、凄い集客力。


御朱印をもらうのに、約10分並んだのも初体験。
やはり伊勢神宮と並ぶ、日本屈指のパワースポットなのでしょうか?
試してきます。


スタートはJR原宿駅前の神宮橋から。南参道の鳥居を抜けて、中に入ります。

やってはいけない戒めが入口に書かれています。

大正9年頃には馬で入ってくる人もいたということでしょうか?

南参道。さすがに神宮の杜と呼ばれるに相応しい雰囲気。熱田神宮よりもさらに厳か。
ひんやりした気持ちのいい空気が流れています。訪れたのが11月24日というのも、良い季節だったのでしょう。
この地が「代々木」と名付けられた云われが書かれた立札。


歩いていくと左手に清正井(きよまさのいど)の入口が見えてきます。

戦国の武将・加藤清正が掘ったと言われる井戸が、願いが叶うと大変な人気になった時期がありました。
500円の入場料を払って、入場します。


井戸の水が流れ込んでいるという南池や菖蒲田など、綺麗な庭園となっています。
5分ほど進むと井戸を見物する人の群れが。


湧き水の井戸で、毎分60リットルの水量があるそうです。

井戸を汲んだり、水の中に手を突っ込むのはNG。警備員が貼り付いて見張っています。
参道に戻ると、奉献された清酒菰樽が陳列されたエリア。


明治天皇がワインがお好きだったこともあり、葡萄酒の樽も飾られています

大鳥居(第二鳥居)をくぐります。

その先で菊花展が開催されていました。


五箇条の御誓文が掲出されているのが、明治神宮らしいです。

右に曲がると、神門が見えてきます。

結構な距離です。すでに一駅分くらい歩いたような実感。実に広い。

この第三鳥居をくぐると、神門が。

休日ということもあり、凄い人出。中では数組の結婚式の列もあって、見物客が取り囲んでいます。

手水舎はこんな様子。

こちらが本殿。明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りしているそう。
列に並んで、お賽銭を入れて参拝。

明治神宮の御朱印


では、御朱印をいただきに行きましょう。神楽殿の中の社務所にあるはず。

3回くらい折り返した列に、人が並んでいます。
見ると、3人くらいの神職の方が、御朱印を書いてくれているよう。10分程並んで、いただきました。

初穂料は500円。
お守りやおみくじがもらえるエリアはこんな感じ。


しばらくこのあたりを徘徊していましたが、有名なご神木や亀石と呼ばれる巨岩は発見できませんでした。

今度、あらためて訪問することにします。

西参道に繋がる門をくぐり、小田急線参道橋駅を目指します。

ここを出れば、約3分で駅に着きます。

なかなかパワースポットなプチ散歩でした。

お疲れ様でした。家に帰ります。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。