目黒のフォトジェニックなお寺「目黒不動尊(瀧泉寺)」~御朱印集め開運紀行⑮~

目黒の閑静な住宅街に、こんな神聖な場所があるとは驚きです。



15回目の「御朱印集め開運紀行」は、目黒区屈指のパワースポットに訪問です。

その名も、泰叡山護國院 瀧泉寺。〈目黒不動尊〉として知られています。

天台宗のお寺で、関東で最古の不動霊場。
創建は、平安時代の808年だそうです。
「江戸五色不動」というのがあって、〈目黒不動、目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動〉の5つ。
地名の目黒とか目白というのは、ここが由来なわけです。


場所は東急目黒線の不動前駅。

目黒駅から1駅目。
歩いてだいたい10分くらい。
駅を出て、かむろ坂公園方面を目指し、通りを武蔵小山方面に進むと標識が見えてきます。
ここを右折。

突き当たると、ド派手な「仁王門」が目の前に。

これが目黒不動・瀧泉寺。

狛犬も結構、勢いがあって勇壮です。

なんか、このお寺、絵になります。

フォトジェニックで、私の写真心をくすぐります。
こちらがご由緒


無作法だとはわかっていたのですが、時間がなかったので、御朱印からお願いに行きました。
石段の右手を奥に行った〈阿弥陀堂〉の脇に御朱印所がありました。

御朱印は3種類あるそうです。

今回は「不動明王」と「恵比寿神」をお願いしました。

初穂料は600円。

さすがに御朱印も勇ましい印象。
それと較べると、神社はなんとなく優しげな文字に思えてきます。

本堂へ続く石段を上る前に、地上階?にいろいろ見どころがありそう。

なかなか全体像が掴めません。
仁王門を裏から見てみます。

まずは、手水舎で身を清めます。

こちらは〈地蔵堂〉。

石段の左手には、有名な〈水かけ不動明王〉と〈独鈷(とっこ)の滝〉。

お不動様の後ろに見えるのが、独鈷(とっこ)の滝です。
滝のアップです。


こちらが〈水かけ不動明王〉。

さすがに頼りになりそうな御姿です。

私の願いが叶うよう、身代わりとなって水を浴びて下さるわけです。

脇に置いてある柄杓で水をかけて、お不動様にお祈りします。


滝のすぐ隣りには、青竜大権現を祀る〈垢離堂〉。

その左隣りの赤い建物が〈前不動堂〉。
江戸中期に建てられた仏堂で、東京都指定有形文化財。

さらにその入口の前には、胸に「無事」と書かれた蛙に置物が。

「無事に帰る」をかけているわけです。

そろそろ石段を登って、本堂を目指します。

ところで、この参道階段のことを「男坂」と呼ぶそうです。
かなり勾配が急だから、そう名付けられたのでしょうか?

おお、これは凄い。

色鮮やかで、美しい本堂です。

こちらが本殿の中。

あれは不動明王のご本尊でしょうか?
本堂の右手では、お札やお守りが売られています。

珍しくお守りをいただいてしまいました。

どこにでも、キティちゃんのグッズは登場するのね。
私が入手したのはこれ。

「身代り守り」というそうです。500円。

本堂の頂上から、石段の方を見下ろします。

本堂の周辺にも、多種多様な仏様がお揃いのよう。

まずは、縁結びにご利益があると言われる〈愛染明王〉。

そして、〈意思不動尊〉。

こちらが〈微笑観世音菩薩〉。

はたまた〈子守延命地蔵尊〉。

〈護衛不動尊〉。

こちらは〈虚空蔵菩薩〉。
もしかすると石段の下だったかも?

いやぁ、凄いラインナップ。

ここで、ハタと気づきました。

御朱印をいただいた〈恵比寿神〉様をまだ拝んでいません。

これはマズい。
全体図を見返して探します。
〈恵比寿神〉さんは敷地の外、入口に向かって右手に祀られておりました。


山手七福神〈恵比寿神〉と書かれています。

近づけば、恵比寿様がこんなお顔。

まだまだ、探せばありそうですが、覚えきれません。
本堂の裏の〈大日如来像〉は辿りつけませんでした。



正直、もうお腹一杯。
いや、この後、「八ツ目や にしむら」の鰻重が待っていますので、お腹ペコペコなのかな?
いやはや、豪華なお寺でした。また来ます。

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*