「佛笑楼餐廳」ポルトガル料理店なのにアフリカンチキン?《マカオの微妙なグルメ④》

ポルトガル料理と思いこんでいたのですが、創業1903年ということは、もはやマカオ料理なのでしょうか?

有名な「佛笑楼餐廳(Fat Siu Lau)」に初めて訪れました。

2017年9月のマカオ遠征の初日の昼間、福隆新街でフカヒレスープを求めて散策しているときに、店前で煙草をふかしている休憩中の年老いたボーイさんがいたので、
「明日の夜、ディナーしたいのだけど、予約は必要?」と英語で尋ねました。
「How many?」とか聞き返されて、
「One」って答えたら、「No need」と返ってきて、
 「好きな時に来ていいよ」みたいな感じ。
ちゃんと予約が必要と聞いていたので、肩透かしです。

とにかく翌日金曜の18時に、ひとりで来店です。

開店直後で、香港のご家族という風の6人組が1組だけ。若いボーイのあんちゃん(ぞんざいでほんとにそんな感じ)が、席に案内してくれ、オーダーを取ります。事前に様々なサイトやブログで入念に調べておきましたので、食べるものは決めてあります。「添好運」の飲茶の後で、蟹カレー(Curry Crab)はさすがに無理そうなので控えることに。
定番の「アフリカンチキン(中国名で非州鶏)」と「車海老のニンニクバターソース(Grilled King Prawns)」を注文し、デザートは「スフレ」(シュークリームが膨らんだような焼き菓子)を頼みました。しかし、今日はスフレはないとのこと。実はこれが一番楽しみだったので残念。「セラデューラ」にしろと勧められ、しぶしぶOKしました。飲み物はアイスレモンティー。*カジノが目的のため、マカオではあまり酒を飲みません。

ここで給仕が女性に交替。ぽっちゃりした40歳くらいの広東系で、しきりにお茶を継ぎ足してくれたりと、愛想がいい。マカオ(特にカジノ)にいると中国人の不機嫌の洗礼にずっと耐えているので、たまに優しくされると、とても嬉しくなります。でも不愛想な中国人も慣れてしまうと、おかしな気を使わなくなるので居心地がいいのですが…。

まずはパンがきました。

少し口にしましたが硬くて私の好みではないです。炭水化物を基本食べないのでスルー。

車海老がきました。

想像通りのニンニク風味で、これは美味。

アフリカンチキンが登場。


ソースが多めにかかっています。添えてあるのがポテトサラダだったりするのが笑えます。
何回か食べたグランドラパ内の「カフェ・ベラ・ヴィスタ」(下の写真)はソースが少なくカラッと揚げた印象でしたが、少し違います。リオホテル近くの「新口岸葡国餐」はベラ・ヴィスタと近いです。

どちらかというと「ベラ・ヴィスタ」のほうが好みかなぁ。

ベラ・ヴィスタ>佛笑楼>新口岸葡国餐としておきましょう。
まだ「ソルマー」や「ダンボ」では食べてないので、結論はまだ先に。さすがにどの店でも2,000円以上はするメニューですので、採点も厳しくなります。どこの店にも言えるのですが、使っている香辛料が日本人の口に馴染みにくいのが難点です。醤油を少し混ぜるか、いっそのこと照り焼きソースにしたら、すんなり食えるかも? でも、それじゃマカオ料理ではないですね。

デザートのセラデューラ登場です。

冷たかったのと意外と硬かったことに驚きました。ミルフィーユ風のアイスクリームケーキに粉砂糖(きな粉っぽくもありました)を振った感じ。リピートはしないでしょう。

愛想のいいウェートレスにコーヒーを勧められ、素直にいただきました。おそらく有料です。

お会計は670HK$。9,380円かぁ。
チキンが3,000円、海老が4,000円という計算でしょうか。サービス料とか加算されてますので、ざっくりですが。

マカオフリークとしては一度は訪れるべき名店なので、悔いはないですが、スフレを食べられなくて残念です。なんとか次回、それだけの注文が聞き入れられるか、チャレンジしてみます。たぶんダメ?