「忠成餃子王」の五色餃子の違いが分からない話〜マカオの微妙なグルメ㉘〜

リオホテル近くの安心できる中華料理店

マカオでは利澳酒店や萬龍酒店など、高美士街の周辺でホテルを手配することが多いのですが、付近に満足できる中華屋がないのが悩みした。
ホテル内は選択肢にないし、5分も歩けばナンボでも見つかるけど雨の日は不便。
今年に入って、小ぎれいでなかなか味の良いお店がオープンしました。
場所はと言えば、リオホテルの正面の道を渡ったセブンイレブンの近く、新口岸です。
その名も「忠成餃子王」。

確認できただけでマカオで4店舗。
タイパでは新濠鋒店(アルティラホテル)とタイパフェリーターミナルの付近に2店舗。半島側はスターワールドとリオホテル付近に2店舗です。


私が訪問したお店は利澳店ということになるようです。

派手な外観が周囲に異彩を放っていました。

外向けに飾った料理写真から分かるように、カラフルな餃子とマーボー豆腐など辛味料理がオススメのよう。
今回は2日目のランチで訪問。初回はGWでした。
場所柄、特に混雑はしません。円卓と高い仕切りでブース化したテーブルが半々というところ。

新しくて清潔な座席です。

据え置きされた調味料の器がいつ見てもキュート。持ち帰りたくなります。

五色餃子に注文する価値はあるのか?

さて、オーダーです。
ここは女性店員の英語力はほぼ期待できないので、苦労した記憶がありました。
今回も餃子をお願いする際に要領を得ず、5種類の餃子を盛り合わせた「五彩発財餃」というメニューを分かっていただくまで手間取りました。最後は壁の写真を指差すしかなさそうです。
メニューはこんな感じ。

↑これは餃子。各色の餃子の説明が載っています。

炒飯も数種類。ニラ饅頭みたいのが旨そうでした。次回トライしてみます。

その他、麻婆系以外にも、中華の一品メニューが揃います。
前回は夕食での利用だったので、麻婆豆腐もオーダーしたのですが、ランチなので、炒飯と五彩発財餃(5色餃子の盛り合わせ)。

「肉砕蛋炒飯」というメニューです。挽き肉と卵入り炒飯というところでしょう。これが絶品。

人参が細く入っているのが特徴。マカオは炒飯を外す店が極めて少ない気がします。

↓これが「五彩発財餃」。

皮の色で味を区別しているようで、食べていても違いが微妙でした。





皮は厚めで肉汁が多く、味は薄めながら普通に美味いです。
ただ焼き餃子ではないので、パンチはないかなぁ。

〈餃子王〉ながら、絶対に餃子を頼む必要性もない気がします。
麻婆豆腐は辛過ぎず(結構、辛かったけど…)、なかなかの味だったので、炒飯にもう一品ならそちらかも?
お会計は179HK$。約2,500円。

途中で写真を撮っていたら、女性店員が珍しがって寄ってきてティッシュをくれました。

喜んでそれも撮影していたら、
ちゃんと請求されていました。

Facking Chinese!!

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。