スパイスで作る「夏の本格的チキンカレー」【男子ごはんレシピを再現】

テレビ東京の長寿番組「男子ごはん」のレシピ再現シリーズの第2弾です。

2017年7月2日に放映されたレシピを再現しています。
すでに夏も終わり、秋に突入している感もありますがご容赦を。
ポイントは、カレールーと水を一切使わないこと。

夏野菜であるトマトと玉ねぎの水分だけの無水カレー。
市販のカレールーを使わないので、
糖質オフを意識されている方にもおすすめ。

カレー粉以外にガラムマサラと4種のスパイスを使う本格カレーです。


材料(4人分)
鶏もも肉600g  トマト3個 玉ねぎ2個、にんにく・しょうが各1かけ、ひよこ豆1缶、
塩小さじ4、カレー粉大さじ3、バター50g、ガラムマサラ小さじ2
スパイス:すべて小さじ1(クミン・コリアンダー・チリパウダー・ターメリック)

番組では各種スパイスの役割を説明していました

辛さの調整はチリパウダーの量でするそうです。

①トマトと玉ねぎ、にんにく・しょうがをミキサーでペースト状に混ぜます。フードプロセッサーがあると便利。
ちなみに私はBRAUN社製のものを愛用。


②バター30gをフライパンで温め、強火で水分を飛ばし、煮詰まってきたら中弱火で10分。

③鶏もも肉に塩小さじ1をふりかけ、バター20gを溶かした別のフライパンで皮目から焦げ目がつくまで焼く。

④焼けたら、スパイスをすべて鶏もも肉に絡める。
⑤ ②に鶏肉を移し、15分中火で煮詰める。

⑥ひよこ豆を加え、少し煮ます。味見して、塩小さじ3を足す。


⑦完成です。
カレーの器は無印良品で購入。ライスやナンは、糖質制限中なので無し。ブロッコリーで食べます。


[インプレッション]
チリパウダー小さじ1でも充分辛い。野菜の水分だけなので、味が凝縮されているのでしょう。
トマトと玉ねぎの味に結構引っ張られますね。酸っぱさも感じます。それが夏っぽいのかも。
ひよこ豆を次回も入れるかは微妙。食感のアクセントとしてはいいけど、糖質も多いしなぁ。
キノコ類で代用できないか検討します。
水分が少なくシチューっぽいので、ライスなしでも食べられたのはヒット。

具を変えて、アレンジしてみました。


前回のひよこ豆を、マッシュルームに替えてみました。エリンギでもOK。
また人参も乱切りにして追加。このあたりがベストかも?
 

 
 
 
 
 

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*