《糖質オフ》自宅でアイスクリーム②~アイスデリでチョコアイス・レシピ公開~

私が使うアイスクリームメーカー

美味しいチョコレート・アイスクリームを自宅で食べたい。
しかも糖質オフで。
「お店で買えないなら、自分で作ってしまえ」、それがモットーです。
8月に買ったハイアール社の「アイスデリ・グランデ」。

冷蔵庫であらかじめ冷やしておく必要がないので、入浴前にセットしておけば、1時間後にはハーゲンダッツなみのバニラアイスが完成。ぼちぼち秋ということもあり、バニラだけでは芸がないので、他のフレーバーにも挑戦です。


まずはチョコアイス。
できれば糖質を控えたレシピがいい。使ったチョコはこれ。

明治の「チョコレート効果・CACAO95%」。
糖質は1箱で7g。普通に食べると甘味がほとんどなく、ゴムのような味です。甘さはこれで補います。

カロリー0・糖類0のラカントS。エリスリトール系の甘味料なので血糖値が上がりません。砂糖と同量を置き換えるだけでOK。
他の材料はこれです。

レシピを紹介

卵2個、生クリーム120ml、牛乳50ml、ラカントS大さじ3。これに先ほどのチョコ1箱。
生クリームは乳脂肪45%くらいがお薦め。
アイスデリを買ってから、ずっと迷っているのは「卵黄のみにするのか、白味も使う」のか?
ネットでレシピを調べると両方あり。昭和生まれの私は、捨てることに抵抗が…。白味の蛋白質も捨てがたい…。
結論は、卵は全部使います。

では始めます。
*スタンダードなバニラアイスの作り方は、こちらです。《糖質オフ》自宅でアイスクリーム~ハイアール「アイスデリ」使用レポート
①まずは、チョコレートを耐熱容器に入れて、電子レンジで溶かします。600Wで3分程度。

②牛乳と混ぜ、ミキサーでなじませます。

③卵と甘味料をボウルに入れ、ミキサーで白っぽくなるまで混ぜます

④小鍋に入れて、とろみがつくまで弱~中火で温めます。甘味料が溶けにくいのでなじませるのがポイントです。液体のラカントSがあれば、そちらがベターかも?
⑤終わったら、ボウルに戻し、②のチョコレートを加え、ミキサーで少しなじませてから、氷水で冷まします。(私の場合は面倒なのでラップをかけて冷蔵庫に入れました)
⑥別のボウルで生クリームを氷水で冷やしながら、角が立つまで泡立てます


⑦いよいよアイスデリに⑤と⑥の材料を投入し、軽く混ぜてセットします。
「かため」ボタンを押すと中の羽根が回転を始めてスタート。
部屋の温度に左右されるみたいで、できたらブザーで知らせてくれます。

⑧約1時間後、できました。

取り出した瞬間は結構、固いです。時間があれば、「やわらかめ」のボタンを選んで、時々でき具合を見ながら、手動で止めてもいいかもです。
シリコン製のヘラで器に移します。3~4人分の量ですので、食べない分は耐熱保存容器などに入れて、冷凍します。

器はイッタラの「マリボウル ウォーターグリーン 155mm 」。大きい方のタイプです。
スプーンは毎度の「藤巻百貨店」のアイスクリーム専用スプーン
で、味はと言えば、
甘さも丁度よく美味しいです。カカオの風味もしっかり出ています。


今回は少し作成時間が長かったのか、やや固めでしたが、溶けてくるとまろやかな食感。
脂肪分47%の生クリーム(1パック398円)の貢献度大かも。
これを手始めに、アレンジを加えて、もっと美味しいチョコアイスを探求です。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。