マカオ・カジノを勝手に評価 #6【友誼大馬路の鉄火場】

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
*評価の前提
⑲ ワルド・カジノ(華都娯楽場)

⑳ カムペック・カジノ(金碧滙彩娛樂場)
⑧ ランドマークカジノ(置地娯楽場)

評価の前提

マカオの外港埠頭(フェリーターミナル)からリスボアホテルに続く道を〈友誼大馬路〉と呼びます。
マカオグランプリでも使われる有名なこの通りには、海立方、サンズマカオ、スターワールド、ウィンマカオ、リスボアなど中国返還後第1期の隆盛を支えたカジノが軒を連ねます。
「マカオ・カジノを勝手に評価 」の第6弾は、そんな友誼大馬路にありながら、イマイチAクラスに入れないマイナーな3つのカジノをご紹介したいと思います。
*⑳のカムペックカジノについては、通りから少しだけ奥まった場所にありますがご容赦ください。
評価項目は、
①ディーラーを中心としたホスピタリティ
②設備
③ゲーム中の飲食のサービス
④客層(これはカジノ側の問題ではありませんが…)
⑤ツラ目発生頻度(オカルトです)

⑲ワルド・カジノ(華都娯楽場)

ワルドカジノは、金蓮花廣場の近くに建つワルドホテル&カジノ(華都酒店)の1階から3階に営業するカジノです。
グランドラパの向かいにあり、私がしばしば宿泊する萬龍酒店のお隣りさん。
オープンは2004年7月だそうで、香港の銀河娯楽集団(ギャラクシーエンターテイメント)が運営しています。
ホテル自体は、マカオ初のブティックスタイルというのが売りで、宿泊サイトの画像なんかをチェックしていると、モダンでカジュアルな様子が分かります。
ただし、ホテル内には男性向けのサウナ(東方水療会)があり、金龍やエンペラーと並んで、ちょっと恥ずかしい場所です。
こちらはホテルの入口。

カジノ専用の入口はここ。モダンな印象はなぜか排除されています。

特徴は、中に入ってすぐ左側にある大量のテレビ画面。一見すると証券会社かテレビ局のように見えます。
なんとバカラ卓の出目表が一望できるマルチモニター。
1階2階とも、見る限り殆ど全てのテーブルゲームがバカラとなっていて、ミニマムベットは200、300、500HK$といった感じ。3階はライブバカラです。
全卓がノーコミッションバカラのようで、1階の200HK$ミニマムだけカードが絞れません。ラッキー6は採用されています。
客層はそれほど悪くは感じませんでした。ちょっと薄暗い照明加減で、客同士の密度感が高く、赤い羅紗が高揚感を煽っています。
印象は中学時代に通ったゲームセンター。
見学したのは土曜の午後だったものの、リオカジノように外張りでテーブルを埋め尽くすような混み方はしていません。隣りの萬龍カジノの方が客は多いです。ディーラーも淡々と仕事をこなしている印象。
マルチ画面を何分間かチェックしてみましたが、極端なツラ目は発生しなかったです。
ケージ(両替所)がパチンコ屋並みに狭いのは、小規模カジノの宿命でしょう。

ドリンクはセルフサービスで自分で注ぐスタイル。ワゴンに置かれたアルミの把手付きカップが刑務所みたいに陳腐。食事場所はなく、3階にレストランがあるようです。
【ディーラーの態度】★★★★★
【カジノの設備】★★★★★
【飲食サービス】★★★★
【客 層】★★★★
【ツラ目発生頻度】★★★★★(プレイ時間が短いので評価せず)
【総合顧客満足度】★★★★★(プレイ時間が短いので評価せず)
鉄火場というより、ゲーセンっぽいカジノです。

Visited 25 times, 1 visit(s) today
続きを読む
1 / 3

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。