名古屋の「矢場とん」の味噌かつを銀座で食す〜名古屋の微妙なグルメ③

▶ 目次
1.味噌カツは名古屋人のソウルフード?
2.銀座の矢場とんという選択
3.そして、衝撃の映像

味噌カツは名古屋人のソウルフード?

名古屋に住み人は、味噌カツの「矢場とん」と味噌煮込みうどんの「山本屋本店」には行かないとよく耳にします。
それと、きしめんも意外と食わないとか。
確かに観光客が多い場所にお店が多いこともあり、「世界の山ちゃん」とか「風来坊」や「味仙」とは違うポジションなのかもしれません。
で、今回は味噌カツのお話。
私は味噌カツが好きで、トンカツは味噌をかけるのが最も旨いと信じています。(ソース&辛子で食べるとんかつも美味しいと思いますが…)
だから名古屋に行くと、〈味噌カツのたれ〉なるものを買って帰り、スーパーの惣菜のロースかつにもこれをかけて食べます。例えば、これ。


銀座の「矢場とん」という選択

矢場とんにも見かければ入ります。東京にも、東銀座や東京駅に結構前からあるんです。

人間ドックの翌日、東銀座で「喫茶YOU」のオムライスの量の少なさに驚愕を覚え、満腹にならないもどかしさを埋めるために、駆け込んだお店が「矢場とん」でした。
そんな大袈裟な話でもないんですが…。たまたま見かけただけです。
私が知っている場所から移転されて、昭和通り沿いにありました。

名古屋駅の地下街などでは、観光客で大行列していることも珍しくないのですが、ここは東京。
夕方6時過ぎでは客の入りも2割くらい。115席あるらしいのですが、明らかにオーバースペックです。

カウンターに通され、メニューを広げます。

昭和22年創業。この豚のキャラクターも名古屋人にはお馴染み。

食事なら、定番はわらじとんかつ。

鉄板の上にキャベツを敷いて味噌ダレをドバっとかけるのも、矢場とんの名物。
また、お酒を飲むなら串かつも欠かせません。

他のメニューも豊富になりました。これは名古屋人が愛する海老フライ系。

カレーやオムライスも揃っています。矢場とんに来て、これを選ぶなんてあり得ませんけど…。

そう言えば、東京駅にある店舗に訪問した際、味噌ダレと普通のソースを半々でかけるメニューや、中濃ソースで食べるロースかつも用意されていて、同行した同僚Kさんは味噌でないトンカツを食べていましたっけ。
そして私が選んだのはこれ。

銀座店限定メニューの「鹿児島産黒豚鉄板とんかつ」。
定食で2,200円します。高っ!。
かつての銀座店には、特製のどて煮があって、酒のあてにはバッチリだったのですが、メニュー内で発見できませんでした。
いわゆる東京の居酒屋で頼む、煮込みがそれ。名古屋人の場合は赤味噌で煮詰めた牛すじです。

ライスを「もち麦米」に替えられるようでしたが、普通に白米をいただきました。
オムライスの後だったので、別に必要ないのですが、味噌カツにご飯は欠かせません。
そして、鉄板とんかつが登場。

定食の全貌です。

ライスの他に、ポテトサラダと味噌汁と漬物がつきます。

そして、衝撃の映像

鉄板に味噌ダレをかける瞬間です。

これだけのことなんですが、矢場とんでは普通の皿に盛られたとんかつの場合でも、食べる前にタレをかけてくれます。
「ストップ!」と声をかける必要はありません。
適当にかけ終えてくれます。

わらじとんかつのように、薄めの肉を使ったカツも矢場とんぽいですが、分厚い黒豚も満足度高いです。

卓上に置かれていた辛子とすりごまを足しました。

意外と味噌と辛子も合うんです。
ただ、ちょっと思うことが…。
矢場とんの味噌カツのタレはそれほど甘みがなく、八丁味噌特有のコクもあまり感じません。

みそ田楽あたりの濃さを想像して食べると、薄味に感じるかも?
最初は東京のお店だからなのかと思いましたが、名古屋駅の店舗でもこんな味だったような。
私のイメージの中の味噌カツは、もっと甘くて濃くて、カツと一緒にタレを煮詰めたような感じ。
煮込みハンバーグみたいな印象です。私の幻想なんでしょうかねぇ?
あまり他の店で味噌カツを食べ較べていないんで、分かりません。
まぁどっちにしろ、そこそこ美味いんでいいんですけど。
レジの向かいには、お決まりのお土産コーナー。


みそだれやグッズが売っています。買わないけど。
営業時間:11:00〜22:00 (L.O.21:30) 毎週月曜定休

 

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。