• HOME
  • ブログ
  • 横浜グルメ
  • 鶏肉専門店「梅や」が始めた「UMEYA KITCHEN」のカオマンガイってどうなんだ?〜横浜の微妙なグルメ#20

鶏肉専門店「梅や」が始めた「UMEYA KITCHEN」のカオマンガイってどうなんだ?〜横浜の微妙なグルメ#20

横浜の桜木町(野毛)と関内(伊勢佐木町)の中間の街、吉田町には有名な鶏肉専門店があります。

その名は「梅や」さん。

精肉の他、唐揚げなど調理した総菜も美味しいと評判で、テレビでもよく取材されています。

創業は大正12年の行列店。


そんな梅やでは、テイクアウトの調理品(お弁当)も提供しています。

それもこれも、コロナのおかげですかね?
最近、カオマンガイが旨いと噂らしいんです。
そして、お店の裏側(2階)に〈UMEYA KITCHEN〉なる食堂を始めたそうです。

お店の目の前は、福富町西公園。桜の季節になると人が増えます。

ここで食べるわけじゃないですよ。ちゃんとレストランになっています。

これがメニュー。

通常は、ブリトーやライスボウルをメインでオーダーして、ソースを選ぶ仕組みのようです。
でも、右下のサイドメニューにご注目。

カオマンガイが頼めるんです!
そして表の「梅や」の総菜として有名な唐揚げも、ここで食べることができるわけです。
一階のレジ&キッチンでオーダーして、2階に運んで食べるシステム。
私のオーダーはカオマンガイのレギュラーサイズ(780円)と、唐揚げ3個(
450円)。飲み物はクラフトレモネード(300円の150円割引)にしました。

これが全貌。
話題のカオマンガイは、タイ人の従業員の方が試しで作ったら、とても美味しかったため、お店のメニューに加えたという逸話があります。

ちょっと甘酸っぱいソースをかけて食べます。

パクチーも控えめ。

ちょっと気になるところがあるとすれば、肉が冷たい点かなぁ?
(どこのタイ料理屋のカオマンガイも、肉は冷たかったと思います。まあ、鶏肉の冷しゃぶと思えばいいのですけど…)
温かいご飯とのアンバランスが楽しめるかって言うと、私の場合、その逆で、刺身定食なんかもあまり好まないわけです。

お米は細長いからタイ米ですかねぇ?
そこまで長くないのでジャスミン米のような気もします。

そしてこれが唐揚げ。

しっかり美味しいです。この3個ってのが丁度いい塩梅。

土曜のランチタイムでも意外と空いていました。
普段は「梅や」の方も開店前から並んでいるのに、キッチンのほうは穴場なんでしょうか?
美味しかったので、カオマンガイが食べたくなったら、また訪れます。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。