愛知県屈指のパワースポット「豊川稲荷」~御朱印集め開運紀行㉘~

▶ 目次
1.豊川稲荷は神社ではなかった

2.本殿までは2つの鳥居をくぐる
3.大黒様をさすれば御利益があるかも?
4.いよいよパワースポット「霊狐塚」へ

豊川稲荷は神社ではなかった

愛知県豊川市に位置する「豊川稲荷」は、円福山豊川閣妙嚴寺(えんぷくざんとよかわかくみょうごんじ)という曹洞宗の禅寺。
日本三大稲荷と称されることが多く、他の2社は、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)。当然神社です。
いなり寿司のルーツでもあることから、「お稲荷さん」=神社というイメージが重なりますが、ここはれっきとしたお寺さん。開山は、室町時代の嘉吉元年(1441年)だそうです。
鎮守の「豐川吒枳尼眞天」が稲穂を荷い、白い狐に跨っておられることから、いつしか「豊川稲荷」が通称として広まったのだとか。
本殿の裏側にある霊狐塚は、何百体のキツネの石像が並びパワースポットとしても有名。今川義元、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、大岡忠相、渡辺崋山など名だたる信仰者を持つ
豊川稲荷に、私も詣でます。


本殿までは2つの鳥居をくぐる

訪問は5月20日(月)。今にも雨が落ちてきそうな霊験あらたかな朝。

こちらが総門。提灯も立派です。

総門の先には、正面に山門が。今川義元が寄進した建物で、こちらに現存する中で最古の建物。

右手に釣鐘堂。まさしくお寺です。昭和12年の寄進によるもので 総欅材造りだとか。「除夜の鐘」の音として、NHKで大晦日に見たことがあるような…。

全体の案内図。

総門を左に曲がると、鳥居が2つ見えてきます。その参道の先が本殿ってわけ。

鳥居に寄り添うキツネさんも勇壮。大鳥居の左手には寺寶館。

右手には瀬水舎。(手水舎ではない)

見所が多そうなので、先を急ぎます。本殿へ。

キツネさんの下にご由来の札が。

ご本尊は千手観世音菩薩で、鎮守(守り神)として通称豊川稲荷で親しまれている豊川吒枳尼真天(とよかわだきにしんてん)を祀っています



お賽銭を投げて、真言を唱えます。
〈オンシラバッタ ニリウンソワカ〉


本殿横に回り提灯を見ると、日本パラマウントベッドの寄贈と書かれています。お正月には企業の参拝も多いようです。
調べたところによると、本殿での御祈祷を希望した場合、4,000円以上の祈祷料を払えば、点心と呼ばれる精進料理がいただけるそうです。
建物の右手から、奥の院に進む通路があります。

大黒様をさすれば御利益があるかも?

回廊の下をくぐると、千本のぼりが見えてきます。
願い事が書かれた大量ののぼり。奥の院手前の受付所で確か2,000円で御奉納できるようです。

左手に見えるは宝雲殿。

続いて、万橙堂。いちいちお賽銭を入れていくので小銭が切れそう。

大黒堂は土蔵造りのお堂。

その前に立っている2体の大黒天は、「おさすり大黒天」として知られています。


よく見ると、お腹が凹んでいます。ご利益にあやかろうと、皆が削り取った跡だそうです。酷いことをするものです。

ご真言「オンマカキャラヤソワカ」と唱えながら、撫でさすることによって、広大無辺の仏のご利益をいただくことができると書かれています。
そして、ようやく奥の院に到着。


最後に納符堂を見学。

 

いよいよパワースポット「霊狐塚」へ

奥の院の左脇を抜け、霊狐塚へ向かいます。

空気まで凛としてきた感じがします。ただ寒かっただけ?

ここからはやたらキツネがいますが、少しずつ表情が違うのが興味深い。



ここが入口みたい。

霊狐塚の中央には巨大な岩の塊。

岩の隙間には訪れた人が入れた硬貨があり、それをうまく取り出せると金持ちになるという言い伝えがあるそうです。硬貨を取り出したらそれを御守りにし、御利益があったら1年後に何倍かのコインをお礼として、再び岩の隙間に隠すというルールだとか。
上手いサイクルを考えたものです。これなら途絶えることがない。

よじ登るなと注意書きがありました。
あまりのキツネの数に圧倒されて、酔いそうです。


似たような光景を思い出しました。
世田谷の豪徳寺の招き猫。

そして芝・増上寺のお地蔵さん。

霊狐塚は比較にならないほどの規模。大小含め800体という話です。
そしてお堂へ。

ちゃんとお賽銭を収めて、引き返します。

こちらは景雲門。くぐって先を進むと、参道に戻れます。
お守りやお札はこちらでいただくようです。

御朱印をもらい忘れていました。御朱印は正面の建物。

平日の午前中なので、並んでいる方もおらず、すぐに書いていただけました。初穂料は300円。

参拝は終了。参道にでます。

豊川いなり表参道という商店街。正面には有名な稲荷寿し屋さん「いなほ」。

もう少し奥にある「開運七福神いなり」を買って帰りました。

*開運七福神いなり「来恩」の記事はこちら。豊川稲荷で食べる7色のいなり寿司〜「来恩」の開運七福神いなり〜《日本の微妙なグルメ②》
豊川稲荷は敷地も広く、愛知県屈指の寺社でした。見所も多いので訪問する価値ありです。

 

 

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。