ランニングシューズについて考える~「ど派手なシューズ出てこいや~!」

月に5回くらいランニングをします。
まじめなランナーじゃないので、走る距離は5kmからせいぜい10km。
腰が悪いこともあり、もっぱらキロ6分半~7分程度のペースで走るLSD。
そう、カッコよく言えば「ロング・スロー・ディスタンス」。いわゆるただのジョギングです。

首を傷めたので、頻度はさらに減っていますが、靴を含めたグッズにはいつも注目しています。
Tarzanのラン特集も欠かさず購入。
で、そこで思うことは、

最近のランニング・シューズ、地味過ぎない?

↓ 私が10年前に穿いていたシューズはこれ。

ニューバランスMR769Jのレインボーバージョン。
クッション性・走行安定性に秀でた初心者向けの軽量シューズ。
こんなド派手なの大好きです。

で、その次に買ったのはこれ。
やはりニューバランスのMR967のブルーマルチカラーバージョン。

間寛平がウルトラマラソンによく出場した時代に、ニューバランスが彼向けに作っていたモデル。

この頃はミニマム10キロで、頑張って走っていたので、踵や靴底も結構減るまで使っていました。

そもそもランニングシューズの寿命ってどれくらい?

600~800kmってよく言いますね。
10キロランを80回ってこと?
その間、アシックスの「GEL KAYANO」なども並行して使いましたが、
上の2足も踵の減りや、つま先部分に剥がれが出てきたので、やむなくお払い箱に。

でも次に買いたいシューズが、出てこないわけです。

Tarzan見たり、アートスポーツに寄ったりしたのですが、どうも最近のシューズの色が冴えないわけで。
アディダスのウルトラブーストなんかは気になりますが、どうも配色がイマイチ。

スポーツウェアなんて、目立ってナンボじゃないのかなぁ?

ずっと保留になっていました。
でも、穿く靴がないと走る意欲が湧かないので、モチベーションを上げるためにも、物欲を刺激するしかないのです。


ウィンドサーフィンをやっていると実感するのですが、年配のウィンド乗りは道具の話が大好き。

テクニックの話そっちのけで、ゲレンデで板やセイルの話に花が咲きます。
いい年してとか思いますが、結局、重い腰を上げるのは、買った道具を早く試してみたいって気持ちなんですねぇ。

で、買っちゃいました。YONEXのセーフラン800。


SHR800Mという製品。

ヨネックスと言えば、卵を落としても割れない【パワークッション】というインナーソールで有名ですよね
私もウォーキングシューズでお世話になりました。

そのメーカーがランニングシューズに進出となれば、試さざるを得ません。

なんといっても私の足は、最悪の「とげ踵」。

正式には 踵骨棘(しょうこつきょく)
最初は、両足の踵の上の部分の骨が盛り上がり、尖ってきました。
痛い時もありますが、走るたびに痛いというほどでも。

次の症状では足底部に変化が。尖ってます。


朝起きて、足を着いた瞬間に踵がズキッとくる時はないでしょうか?
踵の足底部の前縁、内側を押すと痛みます。

どうやら足底筋膜の緊張により、棘ができるそうです。
整形外科で相談しましたが、日本では手術をして削るのは稀みたいで、自然治癒するまでおよそ1年待ちました。
走り方の修正も必要です。踵から着地するのは痛くてムリ。
↓ その時、使っていた靴がこれ。

BROOKSの「PURE FLOW」。
昨年暮れに放送していたTBSドラマ「陸王」で足袋をモチーフにしたランニングシューズが開発され、「ミッドフット着地」が注目されました。
竹内涼真が使っていたあれです。
私も随分前から「フォアフット着地」で走る訓練をしました。

アメリカでベストセラーとなった「Born to run」で書かれていた、土踏まずよりも前で着地をする走り方。

世界陸上のマラソンを走るケニアやエチオピアの選手は、踵着いて走ってないでしょ?
踵から着地する走法は、足の怪我を誘引するので避けようという理論。

それまで使っていたニューバランスやアシックスは、前後のソールの高低差が結構ありましたが、これは5mm以内。
*専門用語でドロップと呼びます。
確かに足が速くなった気がしてくるナイスなランニングシューズ。

ただし、早く走る場合に限定されます。
1kmを7~8分で走るようなジョギングの場合はかえって効率が悪い。

そのため、LSD用には、踵を守ってくれる分厚いソールのシューズも必要ってことで、YONEXに話を戻します。

前後差10mmはあるでしょう。
膝への負担も随分減りました。


踵のシルバーもまあまあ派手だし、当分はこれ穿いて頑張ります。

次の候補は、saucony(サッカニー)のTRIUNPH ISO3あたりですかねぇ~。

 

 

 

2 Comments

  1. こんにちは!kazemakaseさんも走られるのですね。
    こちらは2年前にマカオマラソンに出ようと計画するもツアーでないと
    エントリー枠が少ないみたいで、結局マラソン抜き~DNSマカオでした。

    そうだ、今のシューズはずいぶんくたびれて来たし、アートあたり覗いて
    GWはマカオジョグでも計画してみますw

    • えあーずさん
      マカオでのタイパ大橋をランニングしている人を見かけますね。
      すぐ横をガードレールなしで車がビュンビュン飛ばしているので、私は怖くて走る気にはなりませんが…。

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*