男の海外ひとり旅 持ち物リスト~香港・マカオあるいは韓国2泊3日の場合~

 《海外旅行快適化計画》をテーマとした第5弾です。
今回は、ありそうでなかったオトコの一人旅の必需品リスト。

私の旅行カバンの中身を大公開いたします。

旅行の条件は、①男性 ②基本、ひとり旅 ③香港・マカオや韓国など飛行機で4時間程度で行ける近場 ④2泊3日を想定 ⑤長袖が必要な場所

LCCに乗ることが多いので、キャリーバッグを含め7kg以内に抑えることが前提。必要最小限の荷物となります。


普段は以下のチェックリストがEvernoteに入力してあり、出発前夜の確認に使っています。
よければ、コピーしてお使いください。解説は、後半でします。

〈パスポートケースの中身〉
☐ パスポート
☐ パスポートコピー&顔写真 *パスポートと別の場所に入れる。
☐ 航空券予約確認書
☐ 宿泊予約確認書
☐ 筆記用具(ボールペン)
☐ 空港の申請書類
☐ 現地の交通系ICカード(オクトパスやT-moneyカード)
☐ プライオリティパス
☐ カジノの会員カード

〈財布の中身〉
☐ マネパカード
☐ クレジットカード(VISAとMaster)
☐ シティバンクのキャッシュカード
☐ 財布とマネークリップ

☐ 現地通貨(札とコイン)

〈通信機器等〉
☐ SIMフリー・スマートフォン
☐ スマートフォンの充電ケーブル
☐ マルチ電源変換プラグ

〈衣類〉*出発時に着用している服は数に入れません
☐ 長袖パーカー or ジャケット ×1
☐ 外出用シャツ(泊数分)*暑い時は×2
☐ Tシャツ(泊数分)*暑い時は×2
☐ 替えズボン(寒季はなし・夏季なら短パン)
☐ 靴下(泊数分)*雨期は×2

☐ 下着(泊数分)*暑い時は×2
☐ ハンカチ(泊数分+1)*暑い時は×2
☐ 寝間着(短パン&ロンT or 甚平)
☐ 着替え用袋

〈トイレタリー・コスメ〉
☐ 電動歯ブラシ
☐ 整髪用ブラシ
☐ 常備薬(胃薬・アミノ酸等)
☐ マウスウォッシュ
☐ 使い捨てコンタクトレンズ
☐ 目薬
☐ ポケットティッシュ
☐ 香水・整髪料

〈快適グッズ・その他〉
☐ ウォッシュレット
☐ 折り畳み傘
☐ 買い物用レジ袋
☐ 使い捨てマスク
☐ 耳栓

☐ ネックピロー
☐ アイマスク
☐ 重量計
☐ 時計

☐ パワーストーン

解説です。

まずは、パスポートなど渡航に必要なモノ。

・パスポートのコピーと顔写真。これは絶対、用意すべきです。
万が一、パスポートを紛失した時、手続きや再発行の時間が明らかに早くなります。
・フライトやホテルの予約確認書は、スマホの画面で事足りる場合が多いのですが、通信できない場所やスマホの充電切れの非常事態も考え、出力も用意しておきます。

・空港での申告書類は、飛行機の中でも貰えますが、出発前に書いておいたほうが手際がいいです。
私の場合、香港での入国申請は、自動化ゲートを潜れるので準備しませんが、羽田や成田に帰国した際の、免税品申請書はあらかじめ書いたものを、パスポートケースに挟んでおきます。

・現地の交通系ICカードは、空港に着いたらすぐに買うべき必須アイテム。
コンビニでもカードの購入OKで、バスや地下鉄、時にはタクシー(香港のみ)でも使えます。
香港ならオクトパス、マカオはマカオパス。


韓国はT-moneyカード

・プライオリティパスは、プラザ・プレミアム・ラウンジを海外の空港で無料で使うための会員カード。
楽天カードのプレミアム会員になれば付帯サービスとして発行可能となります。
年会費が1万円かかるので、渡航頻度によるでしょう。

次は財布の中身。

マネパカードとは、FXのマネーパートナーズが発行するマルチカレンシー(通貨)カード。
日本にいながら、レートの有利な時期に米ドルや香港ドルに両替しておいて、現地の通貨にチャージしておくことで、海外のATMで現金を引き出せる便利なカード。
クレジットカードのキャッシングや、銀行のキャッシュカードよりも手数料が割安です。
あまり日本円を持ち歩きたくないので、マカオに行く際は必携。
またプリペイドなので、デビッドカードと同じように、これで買い物もできます。こちらも手数料がお得です。

シティバンクのキャッシュカードも持っていきますが、手数料が高いため、使う機会があまりありません。

・クレジットカードは、VISAとMasterカードがないと話になりません。
JCBやアメックスは中華系のホテルや店舗では使えないと思っておいたほうがいいです。
私は楽天カードにJCBを付与したために、痛い目に遭いました。

・私は日常使いの財布に加えて、ルイヴィトンのマチ付きの長財布を持っていきます。
これはカジノで大勝利した時のため。
お札が100枚収納可能な長財布が、いつか満パンになる日を夢見て、持参します。


またマネークリップも持って行きます。
海外で財布を見せるのは安全とは言えません。
ちょっとした買い物の分の紙幣はマネークリップに挟んでおきます。

続いて、通信関連。

・私はSIMロック解除をしたASUSのスマートフォンを使っています。
最新モデルだとDual SIMカードが装備され、2枚の通信カードを入れて、切り替えながら使えるのですが、私の機種は2枚目のカードスロットはSDカードと併用のため、海外で買ったSIMカードを入れる際は、日本のUQモバイルのSIMは取り出します。
失くしそうで怖いけど、仕方ありません。


私が購入するSIMカードは、通話(電話番号)付き。以前は羽田や成田で現地用のWi-fiを借りていたのですが、旅先でのレストラン予約など電話が必要な場面もままあるため、SIMカードにしました。

アジアの10か国で使えるようなSIMカードもあって、便利な世の中になりました。
・さらに私のスマホには、自炊した小説や雑誌・コミックが500冊分くらい入っているため、家の蔵書を常に持ち歩いている状態。

電子書籍リーダーは「SideBooks 」というアプリを使っています。
*自炊とは、本を断裁してスキャナー(ScanSnap ix500)で読み取り、PDFファイル化したデータを電子書籍リーダーで読めるようにすること。

・マルチ電源変換プラグもあったほうがいい道具。

ホテルに頼めば貸してもらえることもあるそうですが、私は持参します。

問題はキャリーバッグの中の衣類。

荷物の重量に最も影響しますので、どれくらい持っていくかを悩みます。

重そうな衣類は、出発時に着ていきます。
却って、夏場のほうが面倒。
マカオや香港は極端に湿度が高く、表を歩くとすぐに汗が噴き出てきます。
下着だけでなく、アウターも汗でグチョグチョになるため、1日に何回も着替えをする羽目に。

おまけに屋内は冷房がきつく、設定は18℃が標準という噂。
カジノなどに数時間居続けると、このサウナ攻撃で間違いなく体調を壊します。
そのため、室内では長袖は必須。私は必ずパーカーを羽織ります。
また、突然の豪雨も多いため、靴下も多めに必要です。(靴も可能なら予備を用意したいくらい)
そのため、出発時に来ていたもの以外に、下着もシャツも2泊×2回分くらい鞄に詰め込みます。
脱いだものを入れるビニール製の着替え袋もお忘れなく。

次はコスメ系。

男なので、ホテルが用意してくれたもので行けちゃうことも多く、目ぼしいものはありません。
髭剃りやシャンプー類は美品で賄います。
敢えて持っていくのは、電動歯ブラシと整髪料とコロンくらい。

また使い捨てコンタクトも一応準備。眼鏡を失くすことがないとは断言できないので。

また常備薬として、胃薬やアミノ酸、中国製の強壮薬もかばんに忍ばせます。
また虫刺され用にムヒにような塗り薬もなぜか入っています。

最後に快適グッズ。

・携帯ウォッシュレットは絶対の必需品。
海外で下痢をしてトイレ回数が倍増したときの、肛門の負担は最悪。
粗悪な紙で局部を傷つけることを考えたら、常に持って歩くべき。


・折り畳み傘も高温多湿の香港・マカオでは必要です。連日、雨ということも経験あり。
・買い物用レジ袋は、普段さげているポシェットなどに入れておきます。
なぜなら中華系のコンビニは頼まないとビニール袋に入れてくれません。さらに有料。
空港の土産物屋も同様なので準備しておきましょう。

・使い捨てマスク、耳栓について書くと、風邪の予防でも当然ですが、飛行機やフェリーなど長時間の着席を義務付けられる場所で、とてつもない悪臭を放つ輩や、あり得ないほど喧しい民衆に遭遇する機会を想定しています。
私は何度もそんな場面で痛い経験をしています。
臭いをかがない&聞かないために、是非ご用意を。
・アイマスクやネックピローは、飛行機で眠るための便利グッズ。
かさばらないものを手にいれておきましょう。


・重量計は、前述のLCCの手荷物の重量制限対策。
現地のホテルや空港でもバッグの荷物を簡単に計測できます。


・時計が快適グッズかどうかは微妙ですが、私は必ず着けていきます。
見栄を張りたい時は、愛用のオメガ・シーマスター・プラネットオーシャン。

海外では、時計でその人のランクを見分けるという話も聞きますので、見栄っ張りの中国人にはまあまあの高級時計を見せつけてやりましょう。
・最後のパワーストーンは快適グッズでなく、開運グッズです。

私のカバンには、タイガーアイのブレスレットの他、ガロや干支のキーホルダーなどありとあらゆる開運祈願アイテムが入っています。
アンダーウェアも気を充実させる赤いブリーフを選ぶほど。

以上、私の海外旅行持ち物リストについて、まとめました。
今後、追加するものを見つけたら、リバイスしたいと思います。

 

コメントする

メールアドレスは公開いたしません


*