• HOME
  • ブログ
  • 横浜グルメ
  • 横浜中華街の「南粤美食」で本場の煲仔飯(ボウジャイファン)に食らいつく 〜横浜中華街ならこれを食え#1

横浜中華街の「南粤美食」で本場の煲仔飯(ボウジャイファン)に食らいつく 〜横浜中華街ならこれを食え#1

横浜・元町に引越して、早いもので半月が過ぎました。
横浜に来て、本格的な雨模様は初めてかも。暇な土曜日になってしまったので久々にブログをアップします。
家の片付けも概ね終わり料理ができる環境も整ったのですが、自然と足が中華街に向いてしまいます。
外食文化が貧弱だった世田谷の前の住居付近に較べると、さすがに格段の差。
ということで、横浜中華街を舞台にした新シリーズを立ち上げます。
その名も【横浜中華街ならこれを食え】。
私の持論では、全ての料理が絶品の飲食店なんて存在するはずがありません。
特に100種類以上の料理をメニューに載せる中華料理屋では、新鮮な素材を揃えておくことすら難しいと言えます。
それに頻繁に作るメニューと、滅多にお呼びがかからないそれでは、コックの経験値が明らかに変わってくるはず。
だから私は初訪問の店では、必ず人気メニューから試します。料理人が自信を持って作る品をまず味わってみる。
それが最善というもの。
500とも600とも云われる横浜中華街の料理店の、これぞという逸品(一品)を見つけたいと思います。
言うなれば〈この店ではこれを食え!〉


記念すべき第一弾は、転居して4日目に入ったお店をご紹介します。
恐れずに言うなら、
現在の横浜中華街でNO.1の行列店かも?
周囲の中華料理店のシェフや経営者も通うと聞く広東料理店。
店名は「南粤美食」。

【ナンエツビショク】と読みます。
店名の「粤」は広東を意味するそうで〈南粵〉は本来、浙江省からベトナム北部の南方民族を指すらしいのですが、最近は広東~香港あたりのエリアを指すそうです。
こちらのお店のオーナーシェフも広東省の中山市出身とのこと。関帝廟前の「茘香尊酒家」で腕を磨き、2016年6月、この地に「南粤美食」をオープン。
場所はローズホテル横浜の向かい、開港道に面しています。

そして何より、このお店を行列必至にしたのは、昨年秋にオンエアした「孤独のグルメ Season8」の第1話に登場したことでしょうか。
その前からも本格的な香港(広東)料理が食べられるとテレビ番組などでも度々紹介されていたようですが、井之頭五郎のパブリシティ効果は絶大。私も番組を見た後に、何回か店の前を通ったのですが、そのたびに行列の凄さに慄いたものです。

↑ちなみに6月20日㈯の12時頃の様子。最後尾の人は1時には着席できるのだろうか?
ドラマの中で取り上げたメニューが香港風の釜飯「煲仔飯(ボウジャイファン)」だったので、行列が進まないのも頷けるんですけどね…。
炊き上がるまで20分はかかる煲仔飯をランチで提供しています。

なんと奇特なお店なこと。
そんでもって私が来店したのは日曜。
夕方は17時に開くと聞いていたので、そのちょい前に訪ねたところ、幸運にも先客は2組。
この後、30分間に20人以上の客が押しかけてきたのを考えると、怖ろしくラッキーでした。
時節柄、入店時にアルコール洗浄と体温チェックが必須です。私の順番が来た際に、おでこに非接触体温計を当てられますが、上手く計測できず、軽い騒ぎになりました。
全く熱はないと必死でアピールしましたが、店に入れるか軽く押し問答。
最後は入れてくれたのですが、黄シェフの怪訝そうに私を睨みつける視線が痛かった。
(マカオのカジノでも同じことがありました。私の体温は35℃を下回ることが多く、低体温症とも言える体質。それが原因で測れないのではないかと推測します)
そんなこんなでカウンターに通されました。

1階のキャパが10名で、2階は丸テーブルを入れて15名といった感じ。予約も受けているそうですが、その場合はコース料理オンリーと聞きました。
厨房は2名で切り盛りしていました。

個人経営でこれだけ客が来ると混雑時は戦場です。ホールの二人が次から次へと注文を受けるので、大変そうでした。
私も早速オーダーにかかります。
ここの看板メニューは「煲仔飯(ボージャイファン)」を除くと、やっぱりこれ。

シェフの故郷の味「丸鶏の塩蒸し焼き」。
秘伝のタレに漬け込んだ鶏を干してから塩蒸しするんだそうです。
半羽で800円という破格の安さなので、私も食べてみたい!
と思い、オーダーを入れましたが、この日は売り切れとのこと。まぁ日曜だからしょうがないかぁ。
めげずに香港風釜飯を選びます。

一番上の「腸詰め干し肉貝柱釜飯」を選択。
そして丸鶏の代わりに、孤独のグルメでも紹介されていた「アヒルのパリパリ揚げ(梅ソース)」と青島ビールを注文。
男の店員さんに薦められて「雲吞麺」も追加。

量が少ないから大丈夫って話でした。商売上手なこと。そう言えばマカオでもよく食べてます。

最初にビールが到着。

ほぼ同じタイミングで「アヒルのパリパリ揚げ」が運ばれてきました。

釜飯で20分待たされることを思うと、有り難いことです。

ビールに合うことは間違いないです。

骨ばっかを危惧していましたが、意外と身が多くて食べるところがありました。梅ソースがあっさりしていて食べやすかったです。
食べ終わる頃に「香港海老雲吞麺」が来ました。

まさに香港マカオの味です。

「皇冠小館」や「百福麺家」で食べたのより美味しいかも?
海老もプリッとしていて、麺も細麺のストレートで香港風。

スープも化学調味料の風味を感じない優しい舌触りでした。これは煲仔飯に合うはず。
やがてついに「腸詰め干し肉貝柱釜飯」のお出まし。

広東語で「煲」は鍋、仔は「小」という意味なので、小さな鍋で炊いたご飯という意味。
自分だけの鍋で炊いてくれているというのが嬉しいですねぇ。
1月に香港ブロガーの方を囲む食事会で、銀座の有名店「喜記」の煲仔飯をいただきましたが、あの時は大きな土鍋で炊いたのを小皿に取り分けたので、このタイプは初体験でした。

↑上記の画像は銀座・喜記の煲仔飯。さすがに具が立派です。
でもやっぱり、釜飯はパーソナル感覚?

よく混ぜ混ぜして食べ始めます。
腸詰めの風味がほのかに滲みこんだ優しい味。

米は日本米じゃなかったような…。ちょっと細長い気がします。やはり中華にはこっちが合う。

大陸系のソーセージって独特の風味。八角かなぁ?
ご馳走様でした。なかなか豪勢な日曜の夕餉でした。
お勘定は4,600円くらいだったでしょうか。
日本ダービーを外した負け犬のくせに贅沢な野郎です。(オークスと安田記念当ててるから許して…。)
雲吞麺の980円が、量とお会計的に余計かなぁ? 美味しかったけど。

営業時間:平日11:30〜15:00、17:00〜23:00、土日祝11:30〜23:00
定休日:不定休

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。