大阪のカレー鍋って美味しいの?〜南船場「宮がみ屋」潜入レポート

テレビでよく観る元祖カレー鍋

大阪出張の夜に、25年ぶりに再会する友人と会食する機会があり、心斎橋に出向きました。
食事の場所は、心斎橋駅から徒歩5分にある〈元祖カレー鍋〉のお店。

和風ベースの出汁で煮込んだカレー鍋が絶品だと、テレビで紹介されていたのを覚えていて、一度試してみたいと思っておりました。

店前にもグルメ番組で紹介された実績が飾られていました。
ホンジャマカの石塚英彦が絶品鍋ランキング2位に選んだとか、もっともらしい情報が載っています。


集合は月曜の夜19時半だったのですが、念のため予約を入れておきました。

お店の外観はこんな感じ。
地下鉄御堂筋線で言えば、心斎橋と本町の間くらいで、四ツ橋筋のちょっと手前あたり。

店内は団体さんが多く、賑わっています。キャパは25人といったところ。
ホールの店員さんが1名だけなので忙しそうです。
これがメニュー。

私が先に着いたので、ドリンクだけ選びます。

やはりカレーには、ハイボールでしょうか?

ついでにフードメニュー。


〈たっぷりカレーきのこ鍋〉は事前予約が必要なんだそう。
普通のカレー鍋(1人前1,780円。2人前から)と〈おかんの唐揚げ〉〈出し巻玉子〉〈松波キャベツの旨ダレ〉を注文して、友人を待ちます。

魅惑のカレー鍋が登場

友人が到着する前に、鍋用のコンロが準備されます。

友人が来たところで、料理がガンガン運ばれてきます。
まずはお通し。

お次は〈松波キャベツの旨ダレ〉。カレーに合いそうです。

これが〈おかんの唐揚げ〉。鍋以外の名物なんだとか。

この時だけ、80歳くらいのお婆ちゃんが料理を運んできたのは気のせいでしょうか?

二度揚げしているんでしょう。衣もサクサクで美味しいです。
*余熱で仕上げているとお店のHPに出てました。
ハイボールと唐揚げで「ハイカラ」でしたっけ?
〈出し巻玉子〉もなかなか。

兵庫県豊岡市東町の西垣養鶏所直送のブランド卵を使っているそうです。

関西風の卵焼きは優しい味です。東京の蕎麦屋なんかだと、醤油が出てきますが必要ない感じ。
そろそろカレー鍋に参りましょう。

具もどっさり。でっかい椎茸がひと際目立ちます。

一度煮立てて、具に火が入れば食べられます。
スープがカレーの色じゃない!?
あっさり和風ベースの出汁が売りのようなので、色も醤油に近く、スパイスをばっちり効かせたカレースープと言う感じではなさそうです。
東京の三軒茶屋「伝心望」あたりのカレー鍋の方がカレー色が強いです。
*ちなみにこちらの画像は、東京・目黒の有名スープカレー店「シャナイア」のカレー鍋。
どちらかと言えば、火鍋に近いです。

宮がみ屋に戻ります。
ぼちぼち煮えてきたので、豚バラのお肉からいただきます。
鶏肉も入っています。

スープの透明度でも分かる通り、カレー風味の鍋といったところでしょうか。
食べやすくマイルドな印象。

関西でも餅入り巾着を食べるんですねぇ。確かにカレーにはマッチするような。

〆めはどうするかを店員さんと相談して、うどんをやめて、チーズ雑炊にしていただきました。(1人前480円)

マズいはずがありません。
煮詰めれば、昆布やかつお節にきのこが混ざった薄味の出汁に、チーズが合わさった絶品のリゾットです。

セルフサービスで、冷蔵庫から好きな日本酒とお猪口を選ぶ〈銘酒飲み放題〉コース(60分1,200円)と言うのもあるみたいです。
総じて、つまみも400〜600円なのでとても良心的。
ぼちぼち好印象ですが、カレー鍋が病みつきになるほど個性的なわけでもなく、味と同様、印象も薄めでした。
リピートするかは微妙かなぁ?

営業時間:ランチ11:00~16:00(L.O15:30)
ディナー18:00~23:00(L.O22:30)
定休日:不定休

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。