ちょっと豪勢に「萬珍樓點心舗」の朝粥定食〜横浜中華街ならこれを食え#32

横浜中華街の老舗にして人気店「萬珍楼」の点心専門店。
その名も「萬珍樓點心舗」(萬珍楼点心舗)

初めて来店してから、すでに30年になりますが、豪華さと人気はいまも健在です。

久々に入ってみたら、ここんちの「中華粥の朝食セット」がなかなか洒落ていて、再評価しました。

ちゃんとした接客とか、シックな内装とかを見ると、
落ち着くなぁ。
特に平日午前中の、まったりした時間帯は最高です。

空いている平日の10時半ころ来店しました。
タペストリーの写真は少し安っぽいですけど、ちゃんとしたセットがでてきます。

ほらね。しかし、これで1,200円は安いでしょ。
シッカリ大きめの器に盛られた白粥と、腸粉や7種の副菜がつきます。
揚げパンが別に添えられているのは、GOOD JOB!(あれ、俺が別に頼んだんだっけ?)

粥の水分がわりと多いです。揚げパンの塩味で、調味料を足す必要はありませんでした。

肉とかピータンを入れないシンプルなお粥を選びました。

揚げパンはやっぱりお粥のベストパートナー。これがないと暴れますよね?
硬すぎず柔らか過ぎず、いい塩梅でした。
そして鬼門の腸粉。

香港なんかだと、あんまり頼まないんです。

おかずだか、スイーツだか判らないのが理由。日本でいえば「ところ天」?
ここんちのはおかず系でした。
点心も少し紹介しておきましょう。

焼売。

海老餃子。

焼き豚。などなど。どれもお上品な味です。

最後は腸粉についていた卵や、ザーサイと揚げパンをぶっこんで平らげました。
味が薄くて、物足りなかったんでしょうね。
総評としては、コストパフォーマンスが抜群です。
ちゃんとした知人や、彼女を連れてきても、失敗しないお店です。(それはランチも夜もね)
ただ中華街のガチャガチャした雰囲気が皆無なので、私は行かないだけでした。
つまんないでしょ?
地元民としては、「謝甜記本店」「安記」なんかの、お粥一筋で勝負している昔ながらの店をしたくなる気持ちもあるんですよ。
でも、マカオのコタイあたりのホテルで、朝、まったりとお粥セットをいただいているような気分になって、幸せでした。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。