ソウル・仁寺洞で韓服(ハンボッ)のコスプレ

▶ 目次
1.仁寺洞で韓服のコスプレ店を探す

2.絶好の写真館を発見
3.景福宮を闊歩

ソウルへの社員旅行にて

10月11~13日はソウルへの社員旅行でした。
弊社では、全国6か所の拠点から、4班に分かれて時期をずらして、ソウルor札幌に出かけます。私は最終班のソウル2泊3日の旅に参加しました。

もちろんカジノが最大の楽しみ。でもそれ以外に、これだけは果たしたいソウル観光の目的があるんです。それは…

仁寺洞で韓服のコスプレをしたい!!

この街で若い女子達が、カラフルなチマチョゴリを着て、景福宮あたりを闊歩している映像を最近テレビでよく見かけます。
私もチャングムの旦那みたいな韓国伝統の宮廷の衣装を着てみたい。

それを初日に開催した食事会で、大阪から来ていた同僚のIさんに打ち明けたところ、妙に共感され、明日、一緒に行きましょうとなったわけ。
前夜、仁川パラダイスシティのカジノで徹夜してしまったため、体力的にはかなり弱っていました。ホテルに戻ったのが8時過ぎだったので、後ろ向きな考えが頭を過ります。でも、何回も集合時間を確認されていたので、バックれるわけにはいかなくなっていました。
13時、Iさんは同僚のHYさんと1階のロビーでお待ちかねの様子。
昨夜は周囲の女性陣にも声をかけまくっていたので、他にいない?と訊いたところ、我々だけのよう。
肩透かしです。来ればいいのに。

昨夜、一緒に完徹したカジノ好きのHさんにも電話して、叩き起こします。
「今、来ないと、夜まで誰とも会えませんよ」と半ば脅迫。10分だけ彼を待ち、ホテルのロビーに集合。
全員50歳を過ぎた男性4人は、徒歩で仁寺洞へ向かいます。
我々が宿泊するホテルは、ベストウェスタン・プレミア・ホテル国都。
明洞と東大門の間なので、どこへでも歩いて回れて便利です。
ソウルは4回目でしたが、明洞も仁寺洞も初めてでした。

仁寺洞のメインストリートでGPSを使い、テレビで見た韓服レンタル店・ウリミを探しますが、うまく見つかりません。
ただ、すでにコスプレをした10代の女の子が何組も歩いています。

同様の店がいくつも星の数ほどあるようなので、諦めて他の店に飛び込みました。
*すみません、お店の名前と画像を残すのを失念しておりました。
住所は鐘路区仁寺洞10-gilあたり。仁寺洞の大通り沿いの店。
店内には老若を含めた女子でいっぱい。基本、オッサンは我々だけです。でも男性用の衣装も豊富で、男4人で30分かけて吟味しました。

私が選んだのはこれ。
どんな場合もグリーンを選ぶのが習性です。
レンタルは2時間。服が18,000₩で帽子が3,000₩。後で出てくる黄色の王様のコスチュームは3,000₩増。
レンタル店の入っていたビルを出て、通りに出ます。瞬間、周囲の奇異な目が痛い。
王様風のIさんを囲んで、私以下3人が歩く光景は、コスプレだか本物だか判断がつかない様子。
若い子なら、それだけでコスプレに見えます。どちらかというと、我々オッサンは、映画かドラマのエキストラの休憩時間。
あまり目を合わさないようにしている方々もいます。それがまた愉快でした。

絶好の写真館を発見

景福宮の方に向かいます。
だんだん慣れてきて、アニメのコスプレをしてはしゃぐ若者の気分。
調子に乗って、景福宮の手前の写真館で、写真を撮ろうということになり、値段交渉。
20万₩とのこと。2万円かぁ、微妙。
本格的な写真館に入ってしまったらしく、プリントの出来上がりは明日以降になるらしい。1万円までなら私が払うつもりでしたが、断念。
*昨日、カジノで10万円弱勝っています。

写真館の女性店主が、近くにもっと安い店があるから行ってみなさいと、場所を教えてくれました。
それは景福宮を挟んだ大通りの一本裏の道にあり、スタジオアリスみたいな感じ。韓服のレンタルと合わせて、店内のセットでの撮影と、景福宮への出張撮影もしているよう。
これが安いんですよ。1名あたり1万₩(約1,000円)だって。
とにかく撮影開始。
男性のカメラマンがEOSのデジタル一眼レフを持って出てきて、ハンディで準備もそこそこに撮り始めます。
まずは私から。

小道具をちょこちょこ持ってきては、5ポーズほど撮っていただきました。
続いて、Hさん、Iさん、HYさんと撮影していきます。
最後に4人並んで3カット。


4人並ぶと、韓服のバリエーションも豊かで、決まっているでしょう。
最初はたくさんポーズを取らせて、出来上がりから1枚だけ選べという〈スタジオアリス方式〉で他の画像も売りつけてくるのかなぁとか予想していましたが、まったく良心的。
4人で、各30枚ほどの画像が、帰国翌日に教えたメールアドレスに送られてきました。
ありがとうございました。疑ってごめんなさい。お礼にお店の紹介をしておきます。

店名は、hanbokthatday
是非、興味のある方は行ってみてください。

景福宮を闊歩します

韓服を着た人は、入場料が無料になるそうです。結構な観光客の数。チマチョゴリを来た女の子もいっぱいいます。

昌徳宮あたりまで、4人で闊歩しましたが、どうにも男だけではむさ苦しい。
写真映えしないということで、女の子を誘うことに。
HYさんが意を決して声かけしてくれました。それがこれ。

驚いたことに、この可愛らしい韓服の女の子は日本人でした。
まったく、このオヤジたちは調子づいています。あっという間に2時間経って、16:30にレンタル終了。
完璧に観光を満喫したソウルの1日でした。クセになりそう。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 同僚A氏

    楽しそうな姿が目に浮かびますね(笑)