企画モノと侮るなかれ~「象の鼻テラス」の〈ゾウノハナソフトクリーム〉~【ソフトクリームLOVE#37】

ソフトクリームの紹介記事の連闘になります。
今回取り上げたのは、「象の鼻カフェ」。
象の鼻パークは、開港150周年を記念して赤レンガパークと大桟橋の間に造られた公園で、私の散歩コースの一つ。

山下公園から歩いていくと、大桟橋の先に堤防が見えてきます。

これが見えるとパークの入口。

「象の鼻」の名称は、時代と共に少しずつ形を変えてきた堤防の形状が、象の鼻に似ていたことに由来しています。

路面がスクリーンパネルになっていて、夜になるとライトアップされるんだとか。

手すりの先、右手に飛鳥Ⅱも停泊していました。

こちらがパークの休憩スペース。

アートスペースを兼ね備えたレストハウス「象の鼻テラス」は2009年6月2日に開館。
常設作品の「時をかける象」

撮影の仕方に、愛の無さを感じますね。
カフェスペースは結構な座席数。

象の鼻カフェのメニュー。セルフサービスになっています。

軽食は「鎌倉ハム3種のサンドイッチ」が人気のよう。

ソフトクリームのメニューは2種類。ともに480円。

通常の《ゾウノハナソフトクリーム》の他に、《ゾウノハナ抹茶ソフト》がラインナップされています。
私は《ゾウノハナソフト》一択。

この角度で見ると、立派で長い鼻をしています。
さらに称賛されるべきは、
傾けても、鼻が垂れる気配がありません。

生クリームの割合が多く濃厚なのが、粘り気の理由。
これは企画モノと馬鹿にしてはいけない出来栄え。
ふわふわ感とねっとり感のバランスが絶妙。甘味もしつこくない心地よさ。

耳についていた2枚のクラッカー(ウエハース?)もサクサクしていて美味。

眼は薄いチョコレートでした。

外にもしっかり詰まっていました。
窓の外の飛鳥を見ながら、ソフトクリームを堪能した午後のひととき。

窓に書かれていたのは、谷川俊太郎さんの詩だったと後から知りました。
(ソフトクリームにしか興味がいかなくて、写真を撮るのさえ忘れておりました)

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。