【結果検証】天皇賞秋(2021/10/31 東京競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
実際の馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

3強ムードが漂う今年の秋の天皇賞。
1枠①番に入ったコントレイルが現在の1番人気。
ただ、じわりじわりと⑨グランアレグリアと⑤エフフォーリアの単勝オッズも下がってきて、だいぶ横並びに。
週半ばの天気予報では晴天続きだったはずが、土曜夕方になって雨予報に変わっています。
まさに雲行きが怪しい展開。
日曜朝9時頃からレース実施の15時頃まで1~2mmの降雨と出ています。(前日22時頃)


重馬場とまではいかないでしょうが、パンパンの高速馬場は望めない状況になりそうです。
私の本命は、雨予報が出る前から決まっておりました。
3番人気の⑤エフフォーリアを軸で買います。
ディープ産駒がいまいち勝ち切れていない秋天(勝ったのはスピルバーグのみ。2着は7頭いますが)ということもあり、①や⑨と互角の勝負ができると踏みました。
良馬場だった土曜の府中・芝開催のメイン(アルテミスs)では、エピファネイア産駒が1・3着に入っており、他の芝中距離の平場でもハーツクライ産駒のワンツーなどと、ややパワー寄りの芝状態と言えそうです。
大阪杯の悪夢の再来までは想像できませんが、キレッキレの末脚を求められなければ、先行できるだけエフフォーリアに向く展開になりそうな予感がします。
そうでなくても、今秋のGⅠ3レースの1番人気になったダノンスマッシュ、ソダシ、レッドジェネシスはすべて掲示板を外しているという事実。そして、なんと言っても、
今年の3歳世代は古馬混合の重賞で勝ちまくっている現実。
ここは層の厚い3歳世代の最強馬といっていいこの馬を本命に指名します。

馬券購入予定

資金のおよそ9割は3強の馬連で使い切る予定。

小雨で良馬場に近い稍重くらいまでなら、⑤ー⑨に6,000円、①ー⑤に3,000円行く予定です。
(重に近いところまで荒れてきたら、逆かなぁ?)
ダービーの再現で、ゴール前で①か⑨のどちらかに差されるイメージも浮かびますが、2着は死守してくれることを祈ります。
良馬場想定の金曜までは
穴で狙っていたのは⑩カイザーミノル。
毎日王冠では5着と、3着のポタジェのすぐ後ろで少し前が詰まった感じでした。
横山典騎手が足を測ったと都合よく捉え、13番人気のこの馬を少しだけ買ってみます。
買い方は、3強へ馬連で流すとこんな感じ。

2着は厳しいかなぁ。3連複で3強と絡めるとこんな感じ。

ワイドだと40倍くらいしかつかないので、⑤ー⑩のワイドにだけ300円というのもありですかね?

雨が酷くなってきたら、大阪杯の再現でこんな買い方をするかも?
レイパパレをエフフォーリアに置き換えて

このあたりから、3頭くらい選びます。
天皇賞は二桁馬番(6枠以降)の連対率がかなり厳しいので、⑫ラストドラフト、⑭カレンブーケドール、⑮ヒシイグアスはちょっと買いづらいところです。
⑧サンレイポケットあたりが面白いかなぁ。
*実際には、レース直前の馬体重発表及びパドック映像を見て、買い目を変更する場合もありますのでご了承ください。
競走結果と馬券の検証は、本日夜以降の更新となります。

実際の馬券購入

13時頃の東京競馬場は、本降りに近い降雨量でしたが、そこから小雨に変わり、レース直前は止んでいたように思います。馬場もダートこそ稍重の発表がありましたが、芝は良馬場のままです。
一応、馬体重とパドックの映像を見るまでは、馬券の購入を控えていましたが、心変わりはありません。
(少しあったか。カイザーミノルとサンレイポケットを買うのをやめました)
本線はエフフォーリアからの馬連。
⑨グランアレグリアへは6,000円。

①コントレイルは3,000円。

初志貫徹です。
パドックでの状態は同等の評価でしたが、スタートで出遅れ癖がついてきたコントレイルにとっては、1枠①番が却って仇になる予感がありました。(包まれて追い出しが遅れるのでは?)
それ以外に買ったのは、調教の良かった⑫ラストドラフトと⑬ペルシアンナイトを絡めた3連複1頭軸流し。


@100円で勝負します。
④ポタジェの前残りも気になったのですが、3連複のオッズがイマイチだったので、1着⑤ー2着④で①と⑨を3着に置いたフォーメーションを100円ずつ購入。
合計ほぼ1万円で勝負です。

競走結果

結果は、横山武騎手の2週連続GⅠ制覇。
嬉しさも半分なりというところでしょうか。
⑤エフフォーリアが、先行した⑨グランアレグリアを残り200mあたりでとらえ、そのままゴールを駆け抜けました。
ここまでは、私の希望どおりだったのですが、ゴール前50mというところで、①コントレイルが⑨をかわし、クビ差で2着に入りました。

私の収入は3分の1になりました。
配当は以下のとおり。

馬連①ー⑤は最後は4倍を切り、390円。

払い戻しは11,700円。
⑤ー⑨であってくれれば6千円の約6倍で4万円弱の払い戻しの予定でした。
嬉しいやら、虚しいやら。
今年秋のGⅠは4戦連続で1番人気が1着を逃すという結果になりました。
次は11/14のエリザベス女王杯。何が負けるんだ?

勝者の結果論

天皇賞秋の前に決着がついた新潟メインの「ルミエールAD」では、⑫ジュニパーベリーを3連複1頭軸で7点流しして、1着に来た⑭マリアズハートだけ買い逃すという失態。
さらに阪神メインの「カシオペアS」では①ファルコニアから3連複1頭軸4頭流しで買って2着を外すという、なんか嫌な雰囲気。
レース直前まで、馬連の購入金額をどう分けるかは悩みました。
4倍と6倍だったので、①ー⑤を5千円、⑤ー⑨を4千円にすれば、どちらも2万円のリターンが見込めそうだったので、一度はそう決めかけたのですが、なんかギャンブラーの信念に欠けるような気がして、メリハリをつけたわけです。
でも結局、安いほうが来てるじゃん。
ま、トリガミではなかったので、良しとしておきましょう。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。