【結果検証】大阪杯(2023/4/2 阪神競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

春のGⅠシリーズ第2戦は、大阪杯。
阪神競馬場の芝内回り2000mです。
この内回りというのが曲者で、この条件で実施されるGⅠはこれだけ。
非根幹距離である2200mの宝塚記念あたりとも、適性が違い、1600や1800mでの好走実績も必要で、パワーとスタミナだけでなく、残り1000mの持続力とスピードも求められるレースです。
過去の連対馬を見ても、アルアインやラッキーライラック、ペルシアンナイト、レイパパレなど、2200mよりも1800mで走りそうな馬が好走しています。
またディープインパクト産駒が昨年、1~3着を独占したように好走馬が多く、宝塚記念とは明らかに特性が違います。(ただし、コントレイルのような府中で速い上りが出せるディープ産駒よりは、アルアインのようなやや小回り適性に寄ったディープがいい感じ)

もう一つ、特筆すべきデータがあるとすれば、関東馬が殆ど着外という事実。
過去5年で【0・0・1・16】。3着はダノンキングリーだけ。
人気の⑪スターズオンアースや⑭ヒシイグアスを買いづらくさせるデータです。
展開的にも、差し追い込み馬には厳しく、4コーナーで5番手(少なきとも真ん中より前)以内にいないと連対できないという傾向もあるようです。
そして、さらにオイシいデータを見つけました。
川田騎手が近6年で4連対3着1回。
1番人気は1頭もいませんので、この数字は優秀。
先週、ドバイWCを勝った勢いもあり、信頼していいと思います。(昨日のダービー卿CTではレッドモンレーヴで出遅れ負けしていますが、中山なので無視)
結論は、
本命◎ヴェルトライゼンデ、対抗〇⑨ジャックドール
でいきます。
関西馬で先行できる点を重視しました。
関東馬の⑭ヒシイグアスと⑪スターズオンアースは関東馬なので△まで。
(スターズオンアースは元勤務先の同僚だったKさんが一口馬主なので、応援馬券で3連複1頭軸で別に押さえます)
▲は先行馬2頭。②マリアエレーナと④ノースブリッジ(関東馬ですが)を選びました。
△は3連複のヒモとして、3列めに置きます。印と理由は以下のとおり。
◎⑥ヴェルトライゼンデ(阪神初出走もドリームジャーニー産駒なので問題なし?)
〇⑨ジャックドール(単騎逃げできれば相当強いはず。ほぼ同格の評価)
▲②マリアエレーナ(また内枠。松山から浜中への乗り替わりは行幸かも?)
▲④ノースブリッジ(岩田誠が付きっきりで調教してますね)
☆⑪スターズオンアース(ルメールが前めに位置を取れれば楽勝もあるのでは?)
△⑭ヒシイグアス(関東馬でなければ、不動の軸かな)
△⑫キラーアビリティ(ディープインパクト産駒。2000m3勝)
△⑬ダノンザキッド(買わないと来るので押さえます)
△⑯ノースザワールド(ディープインパクト産駒。阪神適性あり)
△⑦マテンロウレオ(阪神開催の京都記念2着)
有馬記念3着の①ジェラルディーナは、岩田望来騎手への乗り替わりと、位置取りが後方になりそうなので、3番人気想定でしたが消しました。
中山記念2着の⑧ラーグルフ(8番人気)も関東馬(初関西遠征)ということと、戸崎騎手の阪神GⅠでの実績を考慮して消しました。

馬券購入

馬券は堅く馬連本線でいきます。
◎〇▲▲の馬連BOX。

②と④絡みはまずまずのオッズなので、500~1,000円で合計4,000円。
☆⑪スターズオンアースを1頭軸とした、3連複フォーメンション。
⑪ー⑥⑨ー②④⑥⑦⑨⑫⑬⑭⑯

15通りです。合計2,000円程度に抑えるつもり。
不人気の馬を引っ張ってくることを願います。
ディープインパクト産駒のワイドボックスも買っておきます。

@100円だけにしておきます。まぁないかな。
ヒシイグアスの評価を下げたのと、ジェラルディーナを切ったにはちょっと不安です。

競走結果

前半1ハロンを58.9秒で逃げた⑨ジャックドールを誰も競りかけない展開。
(前半、⑯ノースザワールドが少しだけ被せかけましたが、さすがに武豊騎手に遠慮したように見えました)
4コーナー先頭のジャックドールに⑬ダノンザキッドが一瞬並びかけるも、再び離され、後方から2冠牝馬⑪スターズオンアースが猛然と突っ込んでくるも、ハナ差届かず。
⑨ジャックドールが悲願のGⅠ勝利。
⑪スターズオンアースは、後方待機組で唯一の掲示板。残り200mで同じ位置にいた⑥ヴェルトライゼンデ(私の本命)とは脚色が違いました。
ただし、ジャックドールの背後につけた⑬ダノンザキッドや⑦マテンロウレオなどを見ても、やはりこの条件では4コーナー5番手以外にいないと厳しいと言えます。
④ノースブリッジも⑦とのポジション取りに負けて、8着。
+18kgでの出走となった⑭ヒシイグアスもいつもより後ろのポジションになり7着まで。
①ジェラルディーナも見せ場なく6着で終わりました。

払い戻しです。

10番人気の⑬ダノンザキッドが3着に入ったため、3連複は89.8倍つきました。

勝者の結果論

応援馬券の色合いが強いものの、⑪スターズオンアースを1頭軸にした3連複が的中しました。
8,980円の払い戻しで、辛うじてトリガミを免れました。

〈関東馬が来ない〉というデータは、マイナス体重のヒシイグアスやノースブリッジが該当。プラス体重で出走したスターズオンアースは連対しました。
〈6歳以上の馬は来ない〉というデータには、7歳のヒシイグアスや6歳のヴェルトライゼンデが該当しました。1~6着までが4歳か5歳です。
最も考えられるデータは、
〈阪神未経験の馬は来ない〉でしょうか?
ノースブリッジ、ヴェルトライゼンデは初出走でした。
ジャックドール【3・1・0・1】、スターズオンアース【1・0・1・0】、ダノンザキッド【1・1・1・0】マテンロウレオ【2・1・0・0】と外回りを含め、阪神競馬場を得意としている馬たちが上位を占める結果となりました。
ヒシイグアスについては、関東遠征でー18kg(関東馬ラーグルフもー10kg)は黙って消し。ヴェルトライゼンデもやはり左回りの方が得意と判断すべきだったかと反省します。以上。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。