わが街の氏神様・浜のおすわさん「諏訪神社」~御朱印集め開運紀行#56~

毎週のように参拝しているのに、御朱印をもらっていなかった、わがホームタウン「石川町」の氏神様
浜のおすわさん「諏訪神社」。
家から徒歩で100mくらいの場所にあります。
翌日は有馬記念。いい機会なので御朱印をいただきに訪れました。
元町商店街から続く通りを、中村橋に向かって歩き、左に曲がった路地の突き当りにあります。

崖の上は、横浜女学院(中・高校)あたりです。
鳥居に続く階段の下には〈浜のおすわさん〉の旗が。

御由緒を読むと、創建は室町時代の文明3年。

西暦1471年ということは今年で550年になります。

当時は今よりはもっと高い場所に祠があったそうです。
今の場所で今の社殿を建てたのが昭和38年ということです。

御祭神は建御名方命(たけみなかたのみこと)。

狩猟神として崇敬された武神ですが、当神社は
火災から街を守る「火防の神」として信仰を集めています。
狩猟や漁業に通じると神様は、防災に通じているのでしょうか?

大鳥居と拝殿です。

3千人の氏子がいるということで、正月の初詣の時期は、狭い場所ながら行列していることもありますが、日常的にはあまり人を見かけません。

手水舎も今は封鎖されています。

右手に社務所。

呼び鈴を押すと、出てきてくれます。
右手の玄関に通され、御朱印をお願いします。

初穂料は300円。
お守りや御札も玄関に置いてあります。

特別に〈犬のお守り〉(500円)というのがありました。

私は翌日の有馬記念の勇気づけに〈勝守〉をいただいてきました。

500円です。
なにせ武神なので。
ばっちり勝ち馬を射抜いてください。よろしくお願いします。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。