羊肉串だけじゃない。刀削麺なら「一品閣」〜横浜中華街ならこれを食え#16

刀削麺でいい思いをしたこと、ないんですよねぇ。


「嵐も大絶賛の刀削麺」というキャッチコピーに踊らされて来店してみました。

店名は「一品閣」。

JR根岸線の石川町駅中華街口から、善隣門を目指す道の途中にあります。
店前の道路は福建路と呼ぶそうです。

こういうのとか、

こういうのも、中国東北地方の料理を連想させます。
上にあるように店先で、羊肉の串焼きを売っているのは知っていたのですが、同じ店が刀削麺を売りにしているとは思いもつきませんでした。

だいぶ寒くなってきたので、夜になると麺料理が恋しくなる今日この頃。
店内はこんな感じ。

小皿メニューが充実していて、中華居酒屋という印象もあります。

とはいえ、私のお目当ては刀削麺。
メニューでも各種揃っています。

まずは基本の〈牛バラ肉刀削麺〉(800円)をいっときましょう。
そして小皿メニューから、五目炒飯(490円)と焼き餃子(420円)
まずはビールで乾杯。

珍しく中ジョッキ。
このお店、空いていることもあり、料理が出てくるのが早いです。
炒飯と餃子は約3分で到着。(天下一品かと思った)

五目炒飯。ワンコインなら合格でしょう。

焼き餃子。皮がやけに厚いのが特徴といえば特徴。
香港の腸粉を思い出しました。かなりモチモチしています。
いよいよ刀削麺。

見た目は旨そうです。
でもなんかスープの色に違和感が…。(長年の勘ってやつかも?)

想像通り、スープにコクが全くありません。
色が薄くて、やけに澄んでいるのが気にかかっていました。
そして、やけに甘〜い。
甘過ぎるよ、小澤さん。

肉に滲みこんでいる八角の味なのか、蜂蜜が効いているのか知らんけど、醤油の風味を全く舌が感じません。
牛バラ自体は、柔らかくて美味しいんですけど、汁が私には合わないようです。

麺もなぁ〜。

名古屋生まれなんで、きしめんで平べったい麺には慣れていますけど、このスープにはどうなんでしょう?
まあ刀削麺だから、こんな感じなんですけどね。なんか全体的に緊張感を感じない麺料理です。
タンタン刀削麺とか、焼き刀削麺というメニューもあるので、次に来る機会があるなら、そっちにしたほうが良さそうです。
あと、羊肉の串焼きもあるしね。
ところで、嵐が絶賛したのはどの刀削麺なんだ?

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。