• HOME
  • ブログ
  • 横浜グルメ
  • この2年半で最も通ったラーメン店、長者町の「地球の中華そば」が金沢文庫に移転!?〜横浜の微妙なグルメ#24

この2年半で最も通ったラーメン店、長者町の「地球の中華そば」が金沢文庫に移転!?〜横浜の微妙なグルメ#24

私が横浜市在住中に、最も通ったラーメン店を紹介しておきます。
長者町2丁目にある「地球の中華そば」がそれ。

地球と書いて【ほし】と読むそうです。
横浜スタジアムから延びる道と横浜根岸道路の交差点にあり、週末や平日のランチタイムは開店前から行列を作る人気店でした。

私のマンションからは徒歩2分くらいの場所だったので、専ら空いている平日の夕方に顔を出していました。
ところが、明けて2023年の1月下旬にこの場所を閉め、2月上旬からは金沢文庫へ移転することが決まったそうです。
*新住所を一応記しておきます。横浜市金沢区谷津町347-101 千輝ビル1F(金沢文庫駅から徒歩2〜3分だと)



私が食べていたのは、塩そばか白醤油そば。
薄味が口に合いました。
塩そばはこんなビジュアル。

決まって、トッピングでチャーシュー5枚と煮卵を追加していました。(麺も大盛りです)
塩そばのうんちくを付けておきます。

見切れちゃっていてすみません。
小麦100%の自家製麺を使用し、蛤や蜆(しじむ)のダシと3種類の塩を使ったタレ。
化学調味料ゼロが売りです。
クレソンとドライトマトのペーストが乗っかっているのが、見た目が似ている白醤油との違いです。
麵は細麺と平打ち麺が選べて、私はいつも細麺でした。

(味噌を頼んだときだけ平打ち麺にした記憶があります)


で、白醤油はこちら。

オーダーした回数はこっちが多かったかなぁ。


白醤油のときも、やっぱりチャーシューと煮卵をトッピングです。
もう食べられなくなっちゃうと思うと、寂しいもんですね。
塩も白醤油もあっさりしていながら、深い味の上品なスープが好みでした。
まぁ、金沢文庫なら通えないこともないかぁ?




こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。