• HOME
  • ブログ
  • 横浜グルメ
  • ゆずっこの聖地? 伊勢佐木町の文明堂〈ル・カフェ〉でパステルを食べてみる〜横浜の微妙なグルメ#17

ゆずっこの聖地? 伊勢佐木町の文明堂〈ル・カフェ〉でパステルを食べてみる〜横浜の微妙なグルメ#17

最近、イセザキモールの散策にはまっています。

家から歩くなら、元町商店街や中華街の方が近いのですが、休日の人出の多さに気圧されて、さすがに足が向きません。
横浜でもピーク時は日に1万人近い新型コロナ感染者が出ている状況で、歩きながらモノを食べている観光客が多い横浜中華街を歩くのは自殺ものです。
まぁ、土曜の午前中の早い時間に、和服を着て歩くなら、伊勢佐木町や馬車道が最適かもしれません。
いつかは吉田町のハーモニカ横丁あたりのスナックを行きつけにして、着物で飲み歩きたいもんです。
ということで今回、訪れたのはカステラで有名な文明堂さん。

中に入っている茶館の「ル・カフェ」がお目当て。

カステラが並ぶショーウィンドウの奥にあるクラシックな喫茶室です。

最初からここが目当てだったので、ちゃんと着物を着て、出かけてきております。

まずは自撮りを1枚。
ここは、フォークデユオ?のゆずが、ストリートライブをやっていた有隣堂書店の真ん前にあり、北沢悠仁さんが行きつけということで、ゆずファンの間で有名なお店らしいです。

こうやって、ゆずっこ
の皆さんを喜ばせるアイテムも飾られているわけでして。

時節柄、テーブルはしっかりアクリル板のバリケードで囲まれています。
彼らのデビュー曲「夏色」はカラオケのレパートリーではあるものの、そこまで熱狂的なファンとはいえませんが、北沢さんが必ず食べるという〈パステル〉なるメニューを試してみたいと思います。

一見、パンケーキに見えますが、さすが和菓子の文明堂さんらしく、どら焼きの皮のようです。
私のオーダーは
パステル2枚とロイヤルミルクティーのセット。
1枚につき1種類のソースを選べるようなので、生クリームとシロップをお願いしました。

いわゆるこれが〈ゆずセット〉でしょうか。

北沢悠仁さんもロイヤルミルクティーを頼むそうです。

確かにどら焼きです(笑)
パンケーキのフワフワ感はありません。側は硬そう。中には何も入っていません。

生クリームとシロップを載せると、和風パンケーキですね。

着物姿で黙々とパステルをぱくつく中年男は、かなり不気味に映ったことでしょう。
土曜のブランチにしては、結構なボリュームでした。
パンケーキほど甘くはなく、厚さも薄めなので食べきれました。味もまずまず。
お値段は1,350円。いい金額しますね。
他にも〈三笠山〉とか〈明治憧憬〉といった和菓子テイストのスイーツが豊富です。


ちょっと休憩するには良いお店です。
〈極上金かすてら〉は買って帰りません。

店のお向かいでは恐竜が見張っています。

宝飾品を買い取る質屋です。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。