【結果検証】安田記念(2021/5/30 東京競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

日曜朝から降る雨も、馬場をやや重にするまでには至っていません。(良馬場発表)
小雨&重馬場と中2週で、⑤グランアレグリアの1着はないものと、決めてかかっていたのですが…。
単勝は1.6倍。ルメールは東京7Rでも逃げきって圧勝しています。

56kgの斤量は⑤には明らかに有利。さらにいえば54kgで出られる⑬シュネルマイスター(NHKマイルC馬)も有利なはず。
でも今日の天気だけでなく、悪天候の中の大阪杯での激走や、春3戦のローテンション等、
グランアレグリアが惜敗する理由は止めどなくある。
牝馬の一番人気を過信してはいけない。
昨年のアーモンドアイと限りなくイメージがダブります。
森泰斗騎手の報知での予想をチェック。
サリオス、ダノンキングリー、ケイデンスコールをヒモに入れて、G1で馬券内を外していないインディチャンプを含めどう買うか?

馬券購入

⑤グランアレグリアの2着固定で、3連単フォーメーションを組みます。
1着は①サリオス、⑧インディチャンプ、⑪ダノンキングリー、⑫ケイデンスコール、⑬シュネルマイスターを置き、3着は①⑧⑪⑫⑬の他に、⑥ダノンプレミアム、⑦ラウダシオンを含めて、組みます。
30通りで配当は70.4〜6097倍。
殆ど万馬券なので100円通しでOK。

3着に③ダイワキャグニーを置いた組合せも追加。

次の難題は、グランアレグリアが3着まで着順を落とすかどうかと、⑤を1着軸にした3連単は買う必要があるのかで悩みます。
買うとすれば、⑤-①⑦⑧⑪⑫あたり。
結局、3着まで着順を落とすことはないと読み、1着づけ馬券を20通りも買うことに。(もうブレブレ)

締切り時間ギリギリになって、馬連にも手を出します。もう意味が分かりません。
⑤から⑪⑫へ計1,500円。
⑬は少し体重が減っていたので、⑤→⑬の馬単に。
⑤グランアレグリアから不人気の③ダイワキャグニー(府中の鬼)、⑨トーラスジェミニ(逃げ残り)は、馬連でも50倍つくので少額押さえます。(③-⑨の馬連も100円購入)


競走結果

 

人気がない時の川田騎手はやはり怖い。
単勝47倍の8番人気、ダノンキングリーを見事勝利に導きました。

グランアレグリアは馬群をこじ開けて、一旦先頭に立ったものの最後に差され、アタマ差の2着。
3着は斤量差を利して、3歳のシュネルマイスター。ダービーで苦杯を飲んだ横山武も面目躍如というもの。
2着に入られたら、この組合せだけ買っていなかったので焦りました。

勝者の結果論

なぜ川田騎手がプレミアムでなくキングリーに乗っていたのか。
その謎が心に引っかかり、馬券の軸に入れていたのが正解でした。
ダノンプレミアムより1歳若く、府中適性(3102)ならこちらが正解。初のGⅠ制覇となりました。
3連単⑪→⑤→⑬ 110,420円を100円的中。

どさくさで馬連も⑤-⑪ 2,950円を500円的中。

グランアレグリアが3着になるという馬券は③-⑨100円以外に買っていないのは、我ながらファインプレー。
グランアレグリアは頑張ったと思います。
でも今の競馬でGⅠの中2週はあまりに過酷。川田騎手に直線入口で上手く内に押し込まれた感はあるものの、途中のポジション取りもちょっともっさりしていた印象。
去年のアーモンドアイも道中の行きっぷりはもうひとつでした。
サリオスは見せ場なく8着。やはり大雨の大阪杯のダメージと松山の不調が原因。
インディチャンプは頑張って4着。よく走っているが、加齢でこれがMAXかも?
ケイデンスコールは10着。ダノンプレミアムは6着。逃げたダイワキャグニー(細江さんがパドックで推奨)は11着でした。
ただ、見返すと
⑤の1着づけの3連単と馬連をなぜダブル購入しているか、謎です。
当たっているからいいものの、意味不明です。
これでグランアレグリアが大出遅れでもしていたらと思うとぞっとします。
まぁそれはそれとして、
馬券購入10,300円で114,870円のプラス。
今年の回収率も一気に102.8%まで跳ね上がりました。


こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。