【結果検証】NHKマイルカップ(2021/5/9 東京競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

今年の上半期は全く馬券が当たらず、反省の日々。(その意味を含めてこのブログを始めました)
スランプ脱出のレースです。
良馬場の東京マイル戦。

皐月賞を回避してこちらを選んだ、朝日杯FSの勝ち馬⑧グレナディアガーズが1番人気。前走で中京のファルコンSを勝ちきれなかったのが気になりますが、年末の朝日杯もタイムはかなり秀逸。中内田厩舎&川田騎手で3歳戦なら、前哨戦に負けてる方が却って買いやすい。(トライアルで全力投球して本番で惨敗が多いコンビ)
レース直前まではトライアルのNZトロフィーを逃げ切って勝った④バスラットレオンが2番人気でした。最後に弥生賞2着馬でルメールが連続騎乗する⑮シュネルマイスターと入れ替わったかたち。
切るなら前走逃げて勝った④だと思い、ほぼ馬券から外しました。
注目は⑩ソングライン。
桜花賞は15着ですが不利があってのもの。その前2走は左回りで着差をつけて連勝していますので、7番人気なら狙い頃。
GⅠの池添は要注意。昨年の安田記念(グランアレグリアに騎乗)も舞台はここ。
⑫のランドオブリバティはホープフルSの2番人気馬。四角で外ラチまで逸走する事件を起こしています。ただ左回りだし石橋に乗り替わって、そろそろ三浦皇成の呪縛から解かれてもいい頃。9番人気はおいしい。


馬券購入

馬連は、⑧と⑮からそれぞれ⑩⑫⑱に流します。
中京開催のシンザン記念(1600m)で逃げ切った⑱も福永なので要警戒。
馬連⑧-⑮は買わないで3連複で押さえます。
不人気馬も含め10頭に流します。

クラシックではないので、合計7,000円にしておきました。

競走結果

私の心の本命⑩ソングラインがほぼ勝ちに等しい先行差し。
ゴール前でルメールにハナ差で差されました。
スタート直後に、人気の④バスラットレオンが落馬したため、不謹慎ですが、ずっと安心して見ていられました。

3着にも黒に赤クロスの勝負服を着た⑧が入り、サンデーレーシング祭り。
辱めにあった⑫ランドオブリバティは8着。
落馬負傷から前週に戻ってきた武豊の⑬ホウオウアマゾンは9着で、まだ体調は戻っていない印象。最近、武さん追えてませんね。

勝者の結果論

⑧と⑮の間に⑩ソングラインが入ってくれたので、配当もまずまずのW的中。
3連単なら211.8倍でした。買ってないけど…。

1レースで5万円以上の配当がついたのは今年初だったので、私にとっては会心の予想(馬券)でした。
落馬した④バスラットレオンは3連複でも敢えて200円しか買ってない(完全に無視しないのが私のセコい部分)ことで、運が向いてきた気がします。気のせいかな?



とにかく馬券は
「人気の馬をいかに見切るかが勝利の秘訣」
と信じて、今後も進めていきます。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。