【結果検証】ラジオNIKKEI賞(2021/7/4 福島競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

第70回のラジオNIKKEI賞。
福島は昨日はあまり雨が降らず、午前中は良馬場。午後から小雨が降り始め、稍重になった模様。
3歳ハンデ戦のため、ハンデ差と実力差が意味不明で、人気馬の根拠が薄いレース。
昨年も8番人気のバビットが逃げ切った。

小回り適性が重要と見た。
重馬場適性は今日はそこまで重視する必要がないと判断。
またディープ産駒の成績がいいようだが、良馬場と重が混在していて何とも言えず。
人気の⑤ボーデンと③アサマノイタズラは、重馬場のスプリングS(3月の中山)の好走が理由。
でも今日はそこまで荒れないし、消してもいいと判断。
2番人気の⑥リッケンバッカーは、前走のNHKマイル(府中の1600m)での実績が認められた差し馬。福島では通用しないと判断。
④プレイイットサムは前走中山2000mを勝ちきっているが、調教がイマイチでー10kgは嫌な感じ。
唯一のディープ産駒の⑦シュヴァリエローズは皐月賞11着と微妙な成績。阪神の若葉S2着だけで買っていいものか?(一応押さえます)
⑧ロードトゥフェイムの+16kgは切り材料。
狙いは小回りの福島を先行逃げできる馬。
⑩ワールドリバイバル(11番人気)と⑭ノースブリッジ(7番人気)が良さそう。買い頃。
同系の⑪タイソウや⑮グランオフィシェ、⑫アイコンテーラーは前走逃げ切り勝ちをしてきているが、すべて左回りのもの。府中にしろ中京にしろ、コース形態が違うので思い切って切りました。
伏兵は②ヴァイスメテオールと、大外⑯ヴェイルネビュラ。中山での好走実績に好感。

馬券購入

②⑦⑩⑭⑯の5頭馬連BOX。
3連複にすると人気馬が絡んできそうなので、馬連を選択。

競馬予想TVで、松本ヒロシTMがしきりに⑩ワールドリバイバルを押していたので、⑩絡みは気持ち買い足しました。
(とはいえローカル開催なので少額です)
あと、柴田善臣騎手が農林水産省の「競馬功績者表彰」を受賞していた記事を目にしたので、お祝い馬券を購入。
⑬ワザモノから上記5頭に3連複1頭軸流し。各100円で10通り。来たら全て千倍以上の馬券。

競走結果

思ったとおり、⑭が逃げ、⑩がその後ろ。中段やや後ろにいた②ヴァイスメテオールが4コーナー過ぎで押し上げて、ゴール前急襲。
⑭は最後に⑩に交わされ3着。⑪のタイソウにも差されそうな勢いだった。やはり+14kgが響いたか。

2着に食い込んだ⑩ワールドリバイバルが11番人気だったため、馬連でも115.3倍の高配当となりました。

勝者の結果論

11番人気⑩の粘り込みが効きました。
②が4番人気だったため、馬連で115倍の高配当。

200円買っていました。
3連複も同じ5頭BOXで持っていれば、②-⑪-⑭で400倍以上ついていたというのは、後の祭り。
ちなみに⑬ワザモノを繰る柴田さんは、見せ所なく11着でした。
(最近はこの手のご祝儀馬券は通用しないようで…)
まあ2,700円の投資で23,000円戻ってきているので、夏競馬なら効率がいいでしょう。
先週の大井・帝王賞でカジノフォンテンとオメガパフュームが消えたのはショックでしたが、盛り返して、年間回収率は117%を超えました。プラス5万4千円の収支。


こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。