【結果検証】香港マイル(2021/12/12 シャティン競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入(予定)
実際の馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

香港国際競走のセミファイナルは「香港マイル」1600m戦です。
簡単そうで最も難解なレースかも?
ゴールデンシックスティという19戦18勝という驚異的な成績の負けない馬がいることも理由のひとつですが、それ以外がなんとも微妙。

※オッズは当日11時のものです。馬番とゲート番号が異なりますのでご注意ください。
最後方からの追い込み一辺倒のゴールデンシックスティを、1着固定で買うのはドキドキものですが、ある意味仕方ないですかねぇ。
馬券の収支だけでいえば、参加しないのが得策かと思いますが、ディープインパクトが活躍していた時代だって、なんとか工夫して馬券を買ったものです。
ということで金鎗六十(ゴールデンシックスティの中国名)は横において、他馬の戦力分析をしていきます。
まずは日本馬から。
私は福永騎手が乗る③インディチャンプが最先着すると見ています。
普通に考えれば、毎日王冠勝ちの⑨ダノンキングリーを買いたくなりそうですが、別の記事でも書いたシャティン競馬場とリンクする京都競馬場適性がありません。(インディチャンプには当然、京都適性あり)
そもそも左回りの東京競馬場が得意で、一昨年のマイルCSでもあっさり負けています。⑨番枠だし、ヒモでは買いますが軽視します。
最内の①番を引いたサリオスもなんかイマイチ。先月のマイルCSで先行するも何頭かに抜かれて結果、6着。4着だったインディチャンプに先着した実績もないはず。これもヒモまで。ヴァンドギャルドはハナから買う気なしです。
香港馬については、前哨戦の香港JCマイルで2~4着だった④ワイククと⑧スカイダーシー、⑤モアザンディスは買わなきゃだめでしょうね。
唯一の欧州馬、オブライエン厩舎のマザーアースは無視でいいでしょう。

馬券購入(予定)

さて、馬券はどう買うか?
オッズを見ないと買う価値があるかもわかりません。
(場合によっては、日本馬3頭の馬連BOX だけとか)
現状は①ゴールデンシックスティからの3連単1着固定フォーメーションを考えています。
①→③④⑤→②③④⑤⑥⑧
上記、出馬表の〇3頭を2着に、〇と△の6頭を3着に置く、15通りで考えています。

オッズは19.5倍~324.7倍。平均500円で、2万円の払い戻しを目指します。
これとは別に①ゴールデンシックスティの2着固定のい馬単も買ってみたくなりました。

駄目だぁ、まったく儲からん。やめやめ。
(④→①だけ500円買おうかなぁ)
*実際には、レース直前の馬体重発表及びパドック映像を見て、買い目を変更する場合もありますのでご了承ください。競走結果と馬券の検証は、本日夜以降の更新となります。

実際の馬券購入

5Rの香港スプリントの落馬事故で、福永騎手とティータン騎手が乗り変わりになっています。
有力馬の戦力ダウンは免れません。
③インディチャンプと④ワイククの評価を考え直します。
レース30分前に福永→スミヨン、ティータン→バデルと発表されました。
スミヨンはともかく、バデルが乗るワイククの評価は落とさざるを得ません。
ワイククの2着付けを回避。
⑤ダノンキングリーと⑧スカイダーシーを2着の目に加え、
①→②③⑤⑧→②③⑤④⑥⑧⑪
のフォーメーションを組みました。
総額は4,900円と抑えめに。

競走結果

私の予想通り、ワイクク(7着)とインディチャンプ(5着)は馬券圏外に消えました。
②ダノンキングリーもパドック映像で元気なさげだったので、消してもよかったかも?
勝ったのは、もちろん①ゴールデンシックスティ。
凄い着差というわけではないのに、楽勝に見えるのが不思議な馬です。
2着に⑤モアザンディスが入り、逃げ粘った⑥サリオスをかわしました。
②ダノンキングリーは8着です。
サリオスも日本人騎手が乗るとGⅠで5着くらいで、レーンが乗ると3着です。
日本馬最先着とはいえこれが限界かなぁという印象。

単勝1.3倍とは…。香港では1.1倍という噂です。

勝者の結果論

日本発売の馬券では、⑤モアザンディスが8番人気ということもあり、3連単が25,640円もつきました。
3・4着が入れ替わっていたら、もっと配当がついたでしょう。

16連勝と無双状態のゴールデンシックスティがらみの馬券で、250倍は上出来です。
落馬が良かったのか悪かったのか。
怪我の功名ということにしておきましょう。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。