【結果検証】香港カップ(2023/12/10 シャティン競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

GⅠ最終戦は芝2000mの「香港カップ」
昨年は2着(ダノンザキッド)に敗れたものの、それまではラヴズオンリーユーなど3年連続で勝利した日本馬得意の距離。

昨年の当レース勝者の②ロマンチックウォリアーへ挑戦する様相。
今年は春のQE2世カップでも③プログノーシスが5馬身差近く離されており、イクイノックスクラスの馬でなければ、厳しいと思えてしまう香港中距離界の雄です。
普通に考えれば、②ロマンチックウォリアー以外の香港馬に日本馬が降着する映像は頭に浮かばないものの、この日の日本馬の体たらくを考えると、②を逆転する目はなさそう。
さらに言えば、前述の時計が出にくい馬場の影響で、欧州馬>日本馬のイメージも湧いてきます。
馬番①番がGⅠ3連勝しているゲンを担いで、①ルクセンブルクを厚く買いたいと思います。私の印は以下のとおり。
◎②ロマンチックウォリアー(日本に来ても大阪杯あたりを勝てそうな実力馬)
〇①ルクセンブルク(ムーア&オブライエン。キングジョージ4着)
▲③プログノーシス(さすがに掲示板は外さんでしょ)
△⑦ストレートアロン(前哨戦JCカップ1着。人気落ちなら)
△⑥マネーキャッチャー(GⅠの常連)
△⑤ヒシイグアス(2021年の2着馬。7歳も香港なら走るかも?)
△④ローシャムパーク(オールカマー勝ち。レーンだし押さえときます)あ


馬券購入

本命&対抗が日本馬以外のため、馬券はJRAのサイトから買いました。
②ロマンチックウォリアーが1着で入るフォーメーションを重点的に買います。
逆転があるなら未対戦の①ルクセンブルクだけでしょう。
①→②の馬単も購入しました。
日本馬1着の応援馬券は千円だけ。

競走結果

②ロマンチックウォリアーが危なげない勝利。
私の対抗①ルクセンブルクも頑張り2着確保。
3着に日本勢の伏兵⑤ヒシイグアスが食い込んだため、一矢を報いました。
③プログノーシスは5着がやっと。④ローシャムパークは8着です。

JRAオッズでも単勝が1.6倍の圧倒的人気になってましたね。馬連も570円。

勝者の結果論

⑤ヒシイグアス3着のおかげで、3連単は104.5倍つきました。(現地の香港でもほぼ同じ配当)

厚めに買っていたおかげで、200円購入しておりました。
払い戻しは20,900円。
この日はここまでJRAで24,100円、沙田競馬場で120HK$(約2,300円)の馬券を購入しているため、マイナスは5,500円まで挽回しました。
とりあえず安堵。


こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。