【結果検証】東京新聞杯(2024/2/4 東京競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
敗者の結果論

レース展望

春のマイル戦線の開幕を告げるGⅢ「東京新聞杯」
府中の左回りの芝1600m戦。昨晩降った微妙な雨雪は、馬場をそこまで悪化させておらず、良馬場での開催です。
近年の戦績を見ると、牝馬の活躍が目立ちます。(昨年はナミュール2着、一昨年はファインルージュ2着)
安田記念の前哨戦というよりは、ヴィクトリアマイルを目指す牝馬の1.5戦級クラスが出走してくるレースになってきているのかも?

秋華賞でリバティアイランドを猛追して2着した〇⑥マスクトディーヴァが、単勝2倍を切るような勢いで売れています。
ただ追込み一辺倒で毎回馬群を捌いている印象で、器用な脚質と言えないところに不安有り。
同じことが2番人気の▲⑦ジャスティンカフェにも言えます。末脚は確実なものの着順はそれほど安定していない不思議な馬。
人気の2頭に信じきれない理由があるのは事実。
またルメール騎乗の⑨ウンブライルが骨折明けの9カ月振りで3番人気は、これも怪しい。
今回は穴狙いでいきます。
本命は◎①サクラトゥジュール。
3走前のメイS(府中1800m)で快勝しているように、内枠の時に好走実績が偏っています。
東京競馬場も7戦5連対と適性高し。マイルの持ちタイムはメンバー中最速で今の速い馬場もOK。
8番人気は買い頃か。
そして☆は⑬ドゥードジボン
1か月前の京都金杯では一番人気に推されていた馬です。藤岡騎手の連続騎乗も好印象。
こちらは十番人気とさらにお買い得。
印は以下のとおり…
◎①サクラトゥジュール(内枠だったメイSを圧勝)
〇⑥マスクトディーヴァ(包まれなければ)
▲⑦ジャスティンカフェ(ジャスティン系って勝ち味が遅いよね?)
☆⑬ドゥードジボン(京都記念の一番人気馬。逃げ粘れ)
△⑤ウィンカーネリアン(昨年勝ち馬。ブリンカーで変わるか?)
△⑪マウンテンスカイ(前走リゲルSで久々の勝利)
△⑯アヴェラーレ(東京得意も大外枠は割引か)
不人気馬から、売れている馬へ流します。⑨ウンブライルは消し。


馬券購入

本命の①サクラトゥジュールは8番人気なので、3連複で充分。
①の3連複1頭軸の6頭流しで買います。
①ー⑤⑥⑦⑪⑬⑯ー⑤⑥⑦⑪⑬⑯

15通り。100倍以下の組合せは@200円に。
☆の⑬トゥードジボンからの馬連3通りと、⑥マスクトディーヴァからの馬連を押さえます。


競走結果

本命の①サクラトゥジュールが内を突き、圧勝です。キング騎手の好騎乗。
2着には逃げた⑤ウィンカーネリアンが粘りました。
ただし、⑥マスクトディーヴァはスタートで出遅れ、追い込むも6着。
3着には伏兵⑧ホウオウビスケッツが入りました。
2番人気の⑦ジャスティンカフェは見せ場なく12着。
ルメール騎乗の⑨ウンブライルは9着でした。

払い戻しです。

馬連が114倍の万馬券になりました。3連単はなんと604,680円の十万馬券。

敗者の結果論

3着が抜けてます~!
⑧ホウオウビスケッツが買えないのは仕方ないとして、なんで単勝や馬連を押さえてないのか?
前売りの①の単勝オッズが50倍近くあって、直前は30倍程度まで下がったため、①と⑬の単勝を買うのを控えてしまったんです。
もっとシンプルにいかないとダメだなぁと反省。




Visited 8 times, 1 visit(s) today

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。