【結果検証】函館スプリントステークス(2023/6/11 函館競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

いよいよ夏競馬本番を告げる函館競馬場開催の「函館スプリントS」。
芝右回りの1200戦。
洋芝と小回り適性が問われるレースです。
別定戦ながら、春のクラシック戦線を終えて出てくる3歳馬の負担重量が軽く、昨年はナムラクレア(後の高松宮記念2着)が斤量50kgで21/2馬身差で勝利しました。
ただ今年からは軽減重量が1kg重くなるようで、3歳牝馬でも52kgでの出走となります。それがどう影響するのか注目です。

前日売りでは、3歳牝馬の⑬ブトンドールに人気が集まっていました。
昨年の函館2歳Sの勝ち馬であり、皆がナムラクレアの幻想を追いかけたようです。
私は⑬ブトンドールは不当な人気馬と判断し、消す(買ってもヒモまで)ことにしました。
桜花賞3着のナムラクレアとは能力の差があると考えます。そのうえ、また本来スプリンターの資質がありながら、ファンタジーS以来、距離を伸ばしてきての一気の短縮に不安を感じます。
売れているなら消すのが道理かと。
本命①トウシンマカオでいきます。
今週木曜から、自分がマカオ旅行に行くための縁起担ぎという理由も否定はしませんが、最内枠でスタートを決めて前付けできれば、重賞2勝の能力を普通に発揮できると信じます。ビッグアーサー産駒の1200mに特化した良績も後押しです。阪神内回りで最速上りを近走2回残していており、瞬発力もOK牧場。
対抗は〇⑦ジュビリーヘッド
昨年の2着馬で5番人気は売れてなさすぎ。函館は2着3回と安定しています。
以下、⑮キミワクイーンと⑭ヴァレトニを上位にみました。
ブトンドール以外の3歳牝馬もヒモで押さえます。
以下の印は…
▲⑮キミワクイーン(3番人気横山武騎手が前日から函館で勝ちまくり)
▲⑭ヴァレトニ(4番人気。右回り5勝。北九州短距離S勝ち)
△⑤ヴィズサクセス(12番人気。函館2勝。岩田誠騎手が内をこじ開ければ)
△②レイハリア(低人気ながらこの枠なら)
△⑧リバーラ(3歳牝馬。ファンタジーSではブトンドールに先着)
△⑫ムーンブローブ(3歳牝馬。フィリーズS2着)
△⑨ディヴィナシオン(オーシャンS2着)
△⑩テイエムトッキュウ(逃げるならこれ。中山で連続好走中)
△⑥ウォーターナビレラ(良馬場の1200mで覚醒されるのが怖い)
△⑬ブトンドール(3連複の3列目に少額だけ)
負担重量の差が大きいことの影響か、ヒモ荒れする傾向にありますので、10番人気以下の不人気馬も広めに押さえます。

馬券購入

3連複フォーメーションが基本。
①トーシンマカオを1列目、〇▲▲の3頭を2列目に置いて、3列目のヒモは広めに流します。
①ー⑦⑭⑮ー⑦⑭⑮⑤⑥⑨⑫⑬

馬連は①から3連複で買わなかったヒモ馬にも流します。
①ー②⑤⑦⑧⑨⑩⑫

①ー⑦は本線として、500円以上の厚めに買います。

競走結果

⑮キミワクイーンが34.4秒の最速あがりで、突き抜けました。
2着、3着には先行した〇⑦ジュビリーヘッド、◎①トウシンマカオが順当に入線。
横山武ー西村淳ー鮫島駿と次世代を感じさせる若手騎手の凌ぎあいとなりました。
2番人気の⑬ブトンドールは見せ場なく5着。実力どおりという結果。

払い戻しです。

1番人気が3着に沈んだため、馬連は3,100円とつきましたね。

勝者の結果論

▲〇◎で3連複はきっちりいただきました。
36倍で300円購入です。(夏競馬からは、たくさん買わないことにしています)

①トウシンマカオが4着のカイザーメランジュとクビ差だったため、冷や汗をかきました。
*ちなみに、東京競馬場開催のエプソムカップは、人気のジャスティンパレスを消して、マテンロウスカイの逃げ残りに期待しましたが、まんまとジャスティンパレスに外差しされました。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。