【結果検証】フェブラリーS(2023/2/19 東京競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論
馬券の検証

レース展望

今年最初のGⅠレース。
ダートGⅠのフェブラリーステークスは、東京競馬場の1600m・マイル戦です。
次週に控える高額賞金レースのサウジアラビアC(なんと1着は10億円超)の影響で、GⅠとは思えないメンバーのような気もします。
3連覇がかかっていたはずのカフェファラオも、サウジ遠征を早々に決めてしまいました。
で、このフェブラリーS。勝ち馬は前走が、根岸Sの連対馬か1800m以上からの距離短縮馬という傾向があります。
レモンポップとともに人気となっている④ドライスタウト(前走は1400mのすばるS2着)にとっては、厳しいデータです。

そもそも、ドライスタウトは全日本2歳優駿勝ちというだけで、古馬のダート重賞メンバーとの戦績は未知数。人気なら切ってしまうのが常道というもの。消えていただきましょう。
本命は⑦レモンポップ。
武蔵野Sで負けたギウルデッドミラーが引退してしまった今、10戦7勝2着3回にケチのつけようがありません。先行もできるし、距離不安も連対は堅いと読みます。
土曜のダートレースを見ると、後方差し切りも多かったので、中団から差し込んできそうな馬を、ヒモで選んでいきます。
印は以下のとおり。
◎レモンポップ(府中ダートもすでに7勝)
〇⑥メイショウハリオ(マイルは久々も、このメンバーなら格上)
▲⑪ソリストサンダー(昨年4着。根岸S勝ちあり)
△⑮レッドルゼル(昨年の1番人気馬。距離さえもてば)
△⑩テイエムサウスダン(昨年のフェブラリー2着。リピーター多し)
△⑧アドマイヤルプス(府中ダート巧者。14番人気)
海外から参戦したBCマイル2着の②シャールズスパイトと、地方から参戦の牝馬⑬スピーディーキックは消しました。

馬券購入

買い目は⑦レモンポップからの馬連5点流し。

6-7は2,000円、7-8は200円。それ以外は1,000円で買う予定。
⑦を1着に固定した3連単のヒモ5頭BOXを買うかは考えます。
*実際には、レース直前の馬体重発表及びパドック映像を見て、買い目を変更する場合もありますのでご了承ください。競走結果と馬券の検証は、本日夜以降の更新となります。

競走結果

思ったとおり、⑦レモンポップの圧勝でした。
中団前目につけ、4コーナーからの盤石の抜けだし。
内にいた④ドライスタウトが包まれ気味(脚色も怪しかったけど)になる中、好枠を利して、勝ち切りました。④ドライスタウトは4着。
痛恨だったのは、対抗の⑥メイショウハリオのゲート出遅れ、いい脚で3着に入っただけに、悔しいです。
2着には川田騎手の⑮レッドルゼルが入り、勝ち馬以外は追い込み勢が頑張りました。

払い戻しです。

人気サイドの決着だっただけに、3連複も26.3倍ほど。馬連に至っては10倍を切りました。

勝者の結果論

最後に⑮レッドルゼルのマイル適性を疑い、買い目を千円から600円に減額しておりました。
それでも、昨夜の時点では14倍以上あったのに、
なんと9.7倍です。

5,820円の回収額で、あわやトリガミの結果です。
⑥メイショウハリオの出遅れさえなかったら、本線で決まったと思ったのに、痛恨の極みです。
まぁ、今年最初のGⅠを的中させたというだけのレースでした。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。