広島・八天堂の〈くりーむパン〉はスイーツなのか?

「八天堂」は昭和8年から続く広島県三原市のパン屋

当ブログは、「風まかせ運まかせ」のタイトルの元、カジノやら開運について書いているつもりだったんですが、閲覧数1位はずっと海老名SAのメロンパンの記事。
調子こいて、今回はクリームパンの話をさせていただきます。

広島に出張で来た際に、広島駅のターミナルビルで妹への退院祝いのお土産を探していました。
どこも紅葉型の菓子と、瀬戸内レモン系のスイーツやドリンクばかり。
予定調和でつまんないなぁと思っている時に発見したのが、広島県三原市の「八天堂」さん
最近では東京や大阪の駅ナカでも見かけることがあるのですが、「くりーむパン」で名を馳せたお店。

新幹線口のお店(ekie広島駅店)でも、アイスケースに入った「くりーむパン」が売り切れ寸前となっていました。
これは買ってみなくてはと、私の好奇心が働きます。

残っていたのを色違いで購入しただけだったんですけど、「くりーむパンカスタード」と「生クリーム&カスタード」という種類です。2個で460円(税込)。
*気温が20℃近く上昇した異常気象の日だったので、名古屋に宅配便で送るにも気が引けたため、結果的に妹向けには、分かりやすくもみじ饅頭の形をしたフィナンシェとバームクーヘン(これも広島発祥?)を買いました。

とりあえず保冷材をいただいて、鞄に詰め込んで帰ります。冷蔵庫がないなら、今日中に食べろとかなんとか言われました。

深夜のホテル。
朝食にしようかとも考えたのですが、さっきの言葉が気になって、写真を撮り始めました。
これもブロガーの悲しき宿命。

おいしい食べ方が書いてあります。
冷やしといて常温に戻る途中が美味しいとな。カレーやシチューみたいなことを。


こちらは「くりーむパンカスタード」。
最もベーシックなやつです。


意外と小さい。直径8cmというところ。

割るとこんな感じ。

厚みがないのはリュックで押し潰されたから。お店のせいではありません。
食べてみます。

カスタードクリームは優しい繊細な味。パンもパサつきが少ないウェットな感触。
でも、確かに美味いけど、所詮はクリームパン。

勢いで、もう1個の「生クリーム&カスタード」もいっちゃいます。


スペックはさして変わりません。

見た目も同じ。で、食べると?
こちらは、生クリームの甘みが広がってちょっとだけ上品。
皆さん、買うなら黄色いほうをお薦めします。
サイトを見ると、くりーむパンだけでも抹茶や小倉、チョコのフレーバーがあったり、〈フローズン〉やら〈温めシリーズ〉などというバリエーションにも手を出しているようです。



ただねぇ、値段が…。
海老名のメロンパンも250円近くしていましたが、もう少しボリュームはあったはず。
大阪の551蓬莱の豚まんだって、2個で340円。
ちなみにマカオのエッグタルトはおよそ10HK$(約140円)。

この大きさで230円って高くない?
もうちょい財布に優しくてもいいんじゃないかなぁ〜、というのが私の感想です。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。