• HOME
  • ブログ
  • 横浜グルメ
  • 横浜・野毛の「センターグリル」でスパゲッティーナポリタン。ケチャップ味はこちらが元祖!?〜横浜の微妙なグルメ#11

横浜・野毛の「センターグリル」でスパゲッティーナポリタン。ケチャップ味はこちらが元祖!?〜横浜の微妙なグルメ#11

もうひとつのナポリタン発祥の店

このお店もかなり前に訪問していたのですが、初回に〈パスタランチ〉なるセットメニューを注文してしまい、やはり王道のあのメニューを紹介せねばと、あらためて再編集しました。
その料理とは…
ケチャップ味のスパゲッティーナポリタン。
ナポリタンのレシピを完成させたのは、横浜の「ホテル・ニューグランド」ということは有名な話。

彼らの貢献はプリンアラモードとシーフードドリアとナポリタンスパゲティーを世の中に登場させたこと。
ナポリタンは、GHQで働く米国兵たちに手っ取り早く食べさせられるスパゲティをと考案されたもの。昭和9年のメニューに「スパゲチ・ナポリテーイン」というメニューが記載されています。
ただニューグランドのレシピは、ケチャップでなく生トマトを使った本格派。街の洋食店では当時、トマトが手に入りづらい状況。
そこで後に「センターグリル」の創業者となる石橋豊吉氏は、ケチャップで代用したんだとか。

庶民派の洋食の代表となる料理は、ここから生まれたわけです。

米国風洋食レストラン〈センターグリル〉

創業は戦後間もない1946年(昭和21年)。横浜市中区の野毛・柳通りにお店があります。

正式には花咲町1丁目。(巻末の地図をご参照ください)。目の前は大岡川で、たぶんこれが柳橋どおり。

↓都橋の交差点。ハンバーグで有名な〈洋食キムラ〉さんも確かこのあたり。

近辺は伊勢佐木町とか吉田町の、昔の横浜を象徴する飲み屋街なので、夜歩きすると滅茶苦茶おもいしろいエリア。

それはともかく、早速お店に入りましょう。
私の希少な経験では、レジ横の階段から2階に案内されることが多い気がします。
レジの脇にお土産品が置かれていますが、それに気を取られていると階段で躓きそうなので、足腰の弱い方は気をつけて。

2階はこんな雰囲気。

明るくて、適度な密度感が時節柄ありがたいです。

お薦めメニューは入口のPOPでお勉強済み。

洋食好きとしては、オムライスやカツカレーに食指が伸びますが、今日はナポリタンを食べにきたので我慢我慢。

老舗のナポリタンは庶民の味だけではない

オーダーは〈スパゲッティーナポリタン〉(770円)にチキンカツをトッピング(200円)。野菜が欲しかったので〈ハーフサラダ〉(300円)を追加しました。
麺の量が判らず大盛りにするか迷いましたが、ここの客層が女性メインではなくガッツリ系の洋食屋っぽいので、レギュラーサイズにしておきました。
13時半を回っていたので、客も少なく5分と待たず、ナポリタンのお出まし。

粉チーズがたっぷりかかったパスタに、1/2前くらい(3切れ分)のチキンカツが乗っています。

カツの下にはポテトサラダと千切りキャベツが隠れていました。
すぐにハーフサラダも到着。カップスープ(280円)と迷いましたが、同等の値段ならこちらがお得かな?

これで全部揃ったので、いざ実食。

噂どおりパスタが太いです。2.2mmの極太麺を使っているとHPでは紹介されています。
私も家でナポリタンを作りますが、さすがにそこまで太い麺を購入したことがありません。
具はハムとピーマンと玉ねぎ。いたってシンプル。

ピーマンの切り方が長くて、少し特徴的でした。

トッピングのチキンカツは肉を少し薄めにしてあって、食べやすく無駄に満腹にならず安心。
そしてメインのスパゲッティについての感想。

パスタがもちもちなのは、茹でた麺を一晩寝かせたり工夫があるのでしょう。
特筆すべきは、ソースの味がとても優しいこと。
ケチャップ多めでねっとりしていそうなものですが、なぜかとてもクリーミーな感じがします。
自分が作ると、塩加減を効かせすぎたり、チーズやタバスコを入れすぎて調和がとれず、どこか味に角があるのですが、ここんちのは凄くマイルド。どこにもクドさを感じません。
HPでは《ケチャップを入れてからしっかりと炒めることにより酸味が飛び、甘みが引き出されています》と紹介されていますが、それだけなのでしょうか。どこかに秘訣が隠されていそうです。
でもこれなら、年配の方が胃もたれせず、飽きないで通い続けられるでしょう。

ランチメニューも体験済み

こちらがランチメニュー。

浜ランチと特製浜ランチの違いがめっちゃ気になりますが、一度目だったので〈スパランチ〉(850円)を注文しました。
みなとみらいを歩き回った後だったため、ハムエッグも追加してしまいました。(この頃は健康だったなぁ)

スパランチは、イタリアンスパ&チキンカツに加え、たんまりの白飯が添えられたもの。

予期せぬ炭水化物祭りとなりました。
ところで、イタリアンスパとナポリタンの違いって何?
たぶん具が入っていないナポリタンなのでしょう。
チキンカツも安定の味。卓上にあるウスターソースをつけたほうがいいかな。

↓これが追加の〈ハムエッグ〉。700円くらいしたような。

洋食屋を紹介しているどこかのグルメ番組で見て、食べたくなっちゃったんですが、ハムの下にもナポリタンが盛られていました。

ヤバい。でも卵にナポリタン(というかケチャップ味)が合わないはずがないんです。
これの旨いこと旨いこと。

完食している自分が怖くなりました。
危険な店です。ダイエット中には絶対に寄ってはいけません。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。