豚バラ肉の角煮がイチ推し「景珍樓 」〜横浜中華街ならこれを食え#12

なぜか最近、麺が食べたくなるんです。寒くなってきたからでしょうか?


新しい中華街のお店の開拓は、善隣門の近くに居を構える豚バラの角煮で有名なお店です。

推しの料理がこんなにあると、何を選ぶかも迷ってしまいます。

店内はこんな感じ。特に気取ったところのない中華屋さんという感じ。

GoToキャンペーンの影響で土日はだいぶん客足が戻っている印象ですが、平日夜はまだまだです。
まずは青島ビールをお願いして、料理を選びます。

メニューがいっぱいあって、収拾がつかなくなっています。

おすすめ料理。

大人気メニュー。

新メニュー。
これでは私のようないちげんさんには、どれも旨そうに見えて決めきれません。
でも、自ら〈中華街の角煮有名店〉と言っているんだから、結局はこれなんでしょ。

やっぱりこの店は角煮なんですよぉ。
角煮チャーハンとどっちにするか迷いましたが、単品でオーダーし、別に五目そばをいただくことに。
まずは角煮から。
角煮4枚+パン2枚で1,800円です。

中華街だと必ず白いパンが、角煮についてきますよね。

なんかマカオのポークチョップバーガーを思い出します。(あちらはすげえマズいけど…)
どう見てもトロトロです。

持ち上げると、箸からこぼれそう。

蜂蜜を使っているようで確かに甘いんですけど、八角が効き過ぎていないので食べやすいお味。
(香港あたりの叉焼とはその点が違うかな)

パンが2個というのが意外と気が利いていて、半分はパンにサンドして、残りの2個は普通に楽しめるわけです。
和食の豚の角煮のように、辛子をつけても勿論おいしかったです。

ラーメンが運ばれる前に完食してしまうところでした。
五目そばの登場。

いつも疑問に思うのですが、広東麺とサンマー麺と五目そばの違いってなんなんですかね?
トロみと具かなぁ。この先、調べて極めたいと思います。

具と麺の量のバランスも丁度よくて、醤油味の美味しいラーメンでした。

トロみはそれほどなかったかな。麺は結構白いタイプ。
いやぁ、この組合せいいですねぇ。

ビールを入れて3千円を超えていたので、ちょっと高いけど…。
1カ月ほど前に食べた四五六菜館の豚バラも美味でしたが、こちらも負けず劣らずの逸品でした。
景珍樓さん、覚えておきましょう。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。