【結果検証】JBCクラシック(2022/11/3 盛岡競馬場)

《当サイトはアフィリエイト広告を利用しています》

▶ 目次
レース展望
馬券購入
競走結果
勝者の結果論

レース展望

地方競馬の祭典〈JBC3競走〉のメインは、2000戦の「JBCクラシック」
交流重賞の頂点(Jpn1)です。

圧倒的な1番人気は、昨年のチャンピオンダートを圧勝して、JRAダート部門の年度代表馬に輝いた⑬テイオーケインズ
鞍上も乗り慣れた松山騎手であり、特に不安なし。
前日からの雨(当日も午後から雨模様)で、タイムが速くなりそうなのも、追い風です。
私としても捻らずに、この馬から買いたいと思います。
最近使っている3連単&3連複のマルチ馬券法を投入します。
2列目(3連単で買う馬)を3頭選びます。
〇④クラウンプライド(UAEダービー勝ち馬。逃げるのはこの馬?)
〇⑪カフジオクタゴン(3歳馬はこの馬を上位に取りました)
〇⑫オーヴェルニュ(レース直前に雨が強まったので、オッズ的においしい馬)
3列目(3連複のヒモです)はこの3頭。
△⑥メイショウハリオ(後方待機になりそうなので評価を下げました)
△⑦フィールドセンス(地方所属からはこの馬。日本テレビ杯勝ち)
△⑧ペイシャエス(ユニコーンS勝ち馬。日本テレビ杯4着)
いつもなら3列目に5頭選んで15通りで買うところを、テイオーケインズのオッズが低いため、3頭に絞ります。⑨クリノドラゴンを削りました。
また、3歳馬のカフジオクタゴンとペイシャエスは、ともに3歳ダート重賞を勝っていますが、より距離の長いレパードSを勝っているカフジオクタゴンを2列目として、上位に置きました。
(これが微妙に、結果に響きました)


馬券購入

買い目です。3連単は18通り。
⑬→④⑪⑫の1頭軸マルチ。
オッズが低いので@100円ではなく、200円も混ぜました。

3連複は1頭軸フォーメーション。
⑬ー④⑪⑫ー⑥⑦⑧
9通りで200円通しです。

BSフジの中継のゲストに来ていた元中日ドラゴンズの山本昌弘氏の予想が当たりまくり。
(JBC2歳優駿では9番人気のゴライコウを本命にしてずばり1着的中でした)
彼の当レースの本命は⑪カフジオクタゴンでした。心強し。

競走結果

⑬テイオーケインズが2.5馬身差の圧勝でした。
逃げた④クラウンプライドをあっさりかわしました。
3着は3歳馬⑧ペイシャエス。
大井の帝王賞を勝った3番人気⑨メイショウハリオは、後方待機策が響いて、5着。
私の対抗馬⑫オーヴェルニュは6着、カフジオクタゴンは7着で、あまり見どころなし。

配当です。3連単も42.2倍でした。

勝者の結果論

3歳馬の⑧ペシャエスをフォーメーションの3列目に置いてあったため、3連複が的中です。

とはいえ、15.5倍が200円だけ。
3連単が当たったとしても42.2倍なので、かなり絞った馬券でないと大きな払い戻しは期待できなかったでしょう。
3連単1着固定で、5頭流しあたりが最善の馬券購入法だったでしょうか?
3,100円しか回収できなかったため、1400円のマイナス収支でした。無念。

こんな記事も読まれています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。